2016年3月23日 更新

アレルギーにも効果的?水素水の効果とは?

医療の進んだ今でも生まれてから一生の付き合いとなってしまうアレルギー。軽度なものから重度のものまで様々なアレルギーがありますが、未だにその治療法は確立されていません。しかし、現在アレルギーに水素水が期待されているのです。

アレルギーとは?

 (24375)

アレルギーとは、あるものに対して過敏に反応する状態で、免疫反応が関係するものをいいます。免疫とは、からだを守るための防御システムで、体内に入ってきた異物(細菌やウイルス)に対して抗体を作って対抗しようとします。アレルギーは、食物やダニ、花粉など、本来は病原性のないものに対して特別な抗体IgEをつくって、過剰な反応を起こしてしまう現象です。
アレルギーの原因になる物質をアレルゲン、そのアレルゲンに対してできた抗体をIgE(免疫グロブリンE)といいます。このIgEを作りやすい体質がアレルギー体質で、遺伝的に決まっています。
もともとのアレルギー体質に、いろんな環境の悪化因子が作用して病気が発症する、あるいは病状が悪化するのです。体質はなかなか変えられませんが、何が悪化因子かを知って、環境を整えることでアレルギーの病気は発症を予防できたり、症状を軽くすることができるのです。
アレルギー反応が起こるしくみ (1)アレルゲンが口、鼻、目、皮膚などから体の中に入ると、免疫反応により体内に抗体がつくられ、抗体がマスト細胞にくっつく。 (2)アレルゲンが再度体の中に入り、マスト細胞にくっついた抗体に結合すると、マスト細胞からアレルギー症状を引き起こす化学物質が放出される。
アレルギーの反応が短時間で急激にあらわれる状態を「アナフィラキシーショック」または単に「アナフィラキシー」と呼びます。

食物アレルギーの症状のなかでもっとも注意しなくてはならないのがこのアナフィラキシーです。

アナフィラキシーになると上記で説明した症状が複数組み合わさってあらわれたり、ひどい場合は血圧が下がって意識がもうろうとしたり、意識を失って倒れてしまうこともあります。

最悪そのまま命を落としてしまうこともある大変危険なアレルギー症状なのです。

アレルギーの原因とは?

 (24376)

アレルギー反応は、アレルギーを持つ特定の物質(アレルゲン)によって引き起こされます。こうしたアレルゲンに触れると、身体は外界からの侵入者を察知します。

アレルゲンは血液中のIgE抗体と結合します。すると、脂肪細胞はヒスタミンなど炎症性物質を放出し、こうした物質は身体が有害だと察知した外敵を撃退するため、全身に瞬時に運ばれていきます。ヒスタミンは、体の局所で炎症を引き起こします。

発現する症状は、ヒスタミンが放出される部位によって異なります。鼻水、眼の痒み、涙眼、息切れ、肌の乾燥は全て、肥満細胞が局所で反応している徴候です。

多くの場合、アレルギーは初めは当たり障りのない現象として現れ、症状を呈するまでには数年を要することがほとんどですが、より深刻で健康全体を脅かすアレルギー反応を起こす場合もあります。また中には、食物、薬剤または虫刺されが突如、生死に関わるアナフィラキシー・ショックを引き起こす場合もあります。
 「喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の人は検査でチリダニが主犯と分かっても、単に布団に掃除機をかけるだけなど、従来、対策が不十分だった。薬物療法で治らない人はダニ相検査を受け、畳を防ダニ畳やフローリングに変えるなど、本当にダニの多い場所に対策を打つことが重要」と中山皮膚科クリニックの中山秀夫院長。
このようにアレルギーの原因には、ダニ等のハウスダストや先天的なものもありますが、しかし、アレルギーが発症する際に炎症を起こす原因は、「活性酸素」であることが最近わかりました。では、活性酸素とはいったい何なのでしょうか?

活性酸素とは

 (24377)

活性酸素とは、「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」のことです。私たちは呼吸によって大量の酸素を体内に取り入れていますが、そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。
アトピーは、免疫機能がアレルゲンに過剰反応して、炎症やかゆみなどが起こるアレルギー症状です。皮膚に炎症が起こると活性酸素が発生します。

本来であれば、この活性酸素は体内に侵入した有害な細菌などを攻撃するのですが、アトピーの場合は大量に活性酸素が発生するため、本来攻撃すべき細菌などではないものに反応して、さらに炎症が発生します。

その過剰な免疫反応、炎症反応を抑えるためには、炎症サイクルを抑えるためにも発生した活性酸素の除去も必要です。

水素水でアレルギーを抑制しよう!!

 (24379)

水素の作用は、老化や慢性疾患などからくる「自覚症状」を覆い隠す作用をするのではなく、あくまで根源となる悪玉活性酸素に作用すると捉えるべきでしょう。そのため、悪玉の活性酸素が多く発生し、それが老化や病気の原因となっている度合が強い人ほど、水素の効果を感じられると考えられます。
活性酸素には、免疫反応を促進させる働きがあると先程も述べましたが、水素にはこの活性酸素を除去し、過剰な促進を防ぎ、細胞の酸化を食い止める抗炎症作用、抗酸化作用があるのです。

実際に、水素水には、花粉症などの即座にアレルギー反応の出る即時型アレルギーに効果があるという研究結果もあります。
電気分解で作成した水素水は低酸化還元電位(ORP)と高い溶存水素水素濃度を有し、抗酸化作用と抗炎症性があることが示された。この水素水を精製水を対照として家ダニのアレルゲンで誘導したアトピー性皮膚炎マウスに対する効果を比較した。25日間投与した結果、血清中の炎症性サイトカインや免疫細胞のTh1とTh2のアレルギー・炎症に関連したサイトカインに有意な差が認められ皮膚炎の重篤度と相関が認められた。水素水群では有意な低下が確認された。これらの結果は水素水飲水がTh1とTh2細胞反応を改善することを示唆している。
明るい空  無料画像  - Public Domain Pictures (19175)

水素水のアレルギーへの効果は徐々に証明されてきています。
しかし、今はあくまでも補助的に使用することをお勧めします。
また、水素水は美容等にも効果的なので、それらを期待してみてくださいね。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

難病パーキンソン病にも効果のある水素水とは?

難病パーキンソン病にも効果のある水素水とは?

未だに原因や治療法の解明されていないパーキンソン病。しかし、パーキンソン病の治療に光が差しました。水素水がパーキンソン病治療に効果のある可能性が出たのです。
shikiviolet | 399 view
水素水でがんも予防できる!?その真意は?

水素水でがんも予防できる!?その真意は?

あらゆる病に効果的と期待されている水素水。水素水が現在がんにも効果を示すことが発見されました。本当なのでしょうか?
shikiviolet | 391 view
水素水でできるリウマチの抑制と予防

水素水でできるリウマチの抑制と予防

年を取ると悩む方も多い関節リウマチ。一度発症すると完治はとても難しいこの病気。しかし、近年の研究で関節リウマチに水素水が効果を発揮することがわかってきたのです。
shikiviolet | 577 view
感染症にも効果を示す?水素水。その真偽は?

感染症にも効果を示す?水素水。その真偽は?

近年様々な効果が発見されている水素水。その水素水に様々な感染症にも効果があると期待されています。今回は、その理由と真偽についてご紹介いたします。
shikiviolet | 1,169 view
水素水で病の根源を撃退しよう!!

水素水で病の根源を撃退しよう!!

近年様々な病気に効果が期待されている水素水。今回は、なぜ水素水が様々な病気に効果が期待されているのかをご紹介いたします。
shikiviolet | 396 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

shikiviolet shikiviolet