2016年1月27日 更新

細胞から若返ろう!アンチエイジングもできる水素の力とは♪

人気の水素水にはアンチエイジング効果があるんです。水素水を飲んで活性酸素を撃退、細胞から元気に若返り元気な体を手に入れましょう!

アンチエイジングとは?

 (17046)

抗老化や抗加齢化ともいわれるアンチエイジングとは?
エイジング(Aging)とは、英語で「老化」「加齢」のことを意味します。つまり「アンチエイジング」は、「老化・加齢に対抗する」ということです。
エイジングとは、年を重ねていくこと(加齢)であり、老化という意味で使われています。
そしてアンチエイジングとは、老化に抵抗するという意味でアンチを付した言葉として一般に使われています。
最近では美容上のアンチエイジングが注目されていますが 身体内部のアンチエイジングの鍵は、血管にあると言われています。 しなやかな血管があってこそ、身体全体の循環が保たれ健康で若々しい生活が送れるという訳です。
アンチエイジングは精神的や肉体的な老化の進行を遅らせ、気持ちや体を若々しく保つことです。生活習慣や食生活の改善、運動やサプリメントなどを摂りいれることで、老化の原因を取り除くことで若々しく健康な体を作ることができます。

老化の原因は活性酸素?

 (17038)

活性酸素が過剰に増えると、正常な細胞を攻撃して酸化させてしまいます。酸化=老化の原因となるのです。
年齢を重ねていくと肌の表面にはシワやシミが現れます。肉体的には体力は衰え、性能力なども低下していきます。なぜ人は年をとると老化していくのでしょうか?

人が老化していく大きな原因のひとつが「活性酸素」です。アンチエイジングと同じ時期に一般的に使われる言葉になってきたので知っている人も多いのではないでしょうか?活性酸素とは普通の酸素より酸化力が強力な酸素のことです。呼吸をしていると一定の割合で体内で活性酸素が発生します。その他ストレスや紫外線,喫煙,飲酒などいろいろな原因で活性酸素は発生します。

この活性酸素が体内の細胞を酸化して破壊していきます。コラーゲンやエラスチンが酸化されるとしわやタルミができ、内臓の細胞が酸化されるとガン、血管が酸化されると動脈硬化など病気の原因になります。
老化現象としては具体的に、運動機能や内臓の機能の低下、物忘れ、眼の白内障、皮膚のしわなど、病気とまではいかない衰えのほか、血管が衰えて動脈硬化などにかかりやすくなるといったことがあ げられる。最近では、こういった現象に活性酸素が深く関わっていることが分かってきている。
活性酸素は外から入ってくるウイルスや細菌を攻撃して体を守る働きをしていますが、様々な原因で体内に増え過ぎると正常な細胞にも攻撃を始めます。そのため細胞が傷つき酸化することでシミやシワ、生活習慣病などの原因となってしまいます。
また不飽和脂肪酸を酸化させることで過酸化脂質を作り出しすため老化を進行させてしまうのです。

抗酸化作用とは?

 (17037)

水素の抗酸化作用は悪玉活性酸素だけを攻撃してくれます。
過剰に発生した活性酸素は、人間の身体を酸化させ、
動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化を招きます。

活性酸素はほとんどの病気の原因とさえ言われています。

添加物が含まれた食品、喫煙、大気汚染、紫外線、ストレス
などは、活性酸素を発生しやすいものとされています。

ですから現代の私たちの生活環境は過剰に活性酸素が発生
しやすい状況と言えます。

そして、その活性酸素を抑えることを抗酸化作用といいます。
私たちは酸素を取り入れて、エネルギーをつくりますが、その過程で一部の酸素が酸化力の強い“活性酸素”に変化します。この活性酸素が増え過ぎると、血管や細胞を傷つけ、体の内側を酸化(=サビる)させ、動脈硬化などを引き起こし、生活習慣病を招きます。
「活性酸素を抑える働き=抗酸化作用」が、アンチエイジングには不可欠です!私たちの体は活性酸素を抑えるための抗酸化酵素を持っていますが、加齢によりその量は少なくなります。抗酸化作用のある食品やサプリメントを利用すると同時に、活性酸素を増やさない生活を心掛けることも大切です。
活性酸素が体内に増えると細胞を攻撃して傷つけて酸化させていきます。細胞の酸化は生活習慣病やガンの原因となってしまいます。細胞の酸化を抑えてくれるのが抗酸化作用です。
抗酸化作用のある成分といえばポリフェノールやビタミンCなどがよく知られていますが、水素のもつ抗酸化作用は悪玉活性酸素を無害な水に変換する働きがあります。

水素水で若返る!

 (17036)

水素水のアンチエイジング効果で細胞を元気にして体の中から若返ろう!
なかでも、水素水は有力な抗酸化物質のひとつです。活性酸素に対抗する手段として挙げられてきたのは、ベータカロテン、カテキン、キトサン、ポリフェノール、ビタミンCなどといわれてきました。
しかし、近年の分析データによると、水素水とベータカロテンとの抗酸化作用を比較したとき、水素水1.5Lの飲用は1本約200gのニンジン30本を摂ることに匹敵すると結論を得ているのです。
水素水とは、高濃度の水素分子を溶かした水。水素には、老化の原因となる活性酸素と結合し、体外へ排出する働きを持っています。
しかも、活性酸素の中でも身体に悪影響を与える「悪玉活性酸素」だけを選んで除去するのが、水素水の優れいているところ。免疫や血管新生など、生命活動に必要な機能を持つ善玉活性酸素には影響を及ぼしません。
抗酸化作用のある成分は他にもありますが、水素水は分子が小さいため体中のあらゆる部分、細胞の奥まで浸透して悪玉活性酸素を除去してくれます。
食べ物からビタミンCやポリフェノールを摂るよりも、手軽で効率よく抗酸化作用を得ることができ、細胞を元気にしてくれます。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水素水で免疫力アップ!これ本当!

水素水で免疫力アップ!これ本当!

水素水の抗酸化作用には免疫力をアップさせる効果があると言われています。これは事実なのでしょうか?少しだけ調べてみました。
ぽよん | 3,399 view
水素水でアンチエイジングできるってマジ?

水素水でアンチエイジングできるってマジ?

人間誰でも若くありつづけたいものです。水素水は若返りの水とも呼ばれているとのことで、それが事実なのかどうか調べてみました。
ぽよん | 791 view
水素水とコエンザイムQ10どっちがいいの?

水素水とコエンザイムQ10どっちがいいの?

抗酸化作用があると言われている水素水とコエンザイムQ10ですが、果たしてどちらを摂取したらいいのでしょうか?調べてみました。
ぽよん | 1,645 view
水素水の抗酸化作用が意外と凄い

水素水の抗酸化作用が意外と凄い

水素水にある大きな力の一つが抗酸化作用です。病気の原因となる活性酸素を除去できるなら飲み続けたいですよね。ここではその点について調べてみました。
ぽよん | 2,259 view
水素水で口臭・加齢臭を予防しよう!

水素水で口臭・加齢臭を予防しよう!

体臭がキツくなってしまう原因の一つに活性酸素がありますが、水素水には活性酸素を除去作用を促す効果があるのです。今回はその点について調べてみました。
ぽよん | 336 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hana06 hana06