2016年3月23日 更新

脳梗塞の予防にも効果が期待できる水素水その理由とは?

生活習慣病であり死に直結する病の1つの脳梗塞。最近の研究で水素水が脳梗塞の予防に効果があることがわかりました。今回はその理由に付いてご紹介いたします。

脳梗塞とは

 (24358)

脳梗塞(のうこうそく、英: cerebral infarction/stroke、別名:脳軟化症(のうなんかしょう))とは、脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事がある。なかでも、症状が激烈で(片麻痺、意識障害、失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれる。それに対して、ゆっくりと進行して認知症(脳血管性認知症)などの形をとるものもある。
脳梗塞が起こるの3つの原因/メカニズム
脳梗塞は、発生のしかたによって以下の3つに分けられます。

1)血栓性
主な原因は動脈硬化です。動脈硬化によって脳の主要な動脈がだんだん狭くなり、そこに糊のように粘りのある血栓(血のかたまり)ができ、血管が詰まって脳梗塞が起こります。

2)塞栓性
脳以外の部位でできた血栓が、血流にのって脳に飛んできて血管が詰まって起こるものを塞栓性脳梗塞と言います。
代表的なものに心原性脳塞栓症があります。これは心臓に何らかの原因(たとえば心房細動や心筋梗塞、心臓弁膜の病気など)で血栓ができ、それが脳に飛んで脳梗塞を起こします。突然起き、重症の事が多く死亡率が高いのが特徴です。

3)血行力学性
血圧低下や脱水などが原因となって、脳の血流量が低下する事によって起こるものです。
もともと狭窄や閉塞が進んでいるものの脳梗塞を起こしてない状態で、血流量減少が引き金となって起こります。
脳梗塞の前兆としては患者2~3人に1人の割合で、以下のような症状があらわれます。
手足に力が入らない
重いめまいがする
いつになく激しい頭痛がする
明らかに普通ではない感じの頭痛が、突然起こった
手足やからだの半身が、突然しびれた
ろれつが回らない、言葉が一瞬でてこなくなる
片側の視界が、一時的に真っ暗になる
物が二重に見える
これらは程度の差こそあるものの、一般にどのタイプの脳梗塞でも見られる前兆です。

後遺症がとても怖い脳梗塞

 (24359)

脳性麻痺

脳性麻痺とは、脳の細胞や組織などが脳梗塞によって障害を受けることで、体の神経機能などが麻痺してしまう後遺症です。
症状としては、体の片側だけが麻痺して動かなくなったり少ししか動かせなくなる片麻痺や半身麻痺、細かい動作ができなくなったり手足の動きのコントロールができなくなる運動機能の低下、正しい姿勢が取れなくなるというものです。
他にも、熱さや寒さなどを感じられなかったり、痛みに対して鈍感になる感覚障害、物が二重に見える視覚障害、食べ物が飲み込めなくなったりよだれがたれながしたままになってしまう嚥下障害などが起こります。この後遺症は重度の脳梗塞を発症した患者さんに見られるものです。
言語障害

大変深刻な後遺症として、言語障害があります。
言語障害になると、言葉を理解することができなくなったり、伝えたいことも伝えられなくなったりするため、意思の疎通ができなくなります。さらに言葉に対してだけではなく、文字に関しても書けなくなるという症状が出ることもあります。
認知障害

認知症に似ている認知障害が後遺症として出ることもあります。
認知障害はあらゆることに対して、普通の感覚を失ってしまうという怖い後遺症です。空間を認識できなくなる、モノの名前を思い出せない、迷子になるなど認知症にとてもよく似た症状で、自分の病気も理解できなくなることもあります。
このような後遺症を残さないためにも、早期発見、早期治療が重要となります。
脳梗塞は前兆が少ないため、非常に発見がしにくい病気です。
原因は解明されていますが、実はこれらの原因の根本は主に細胞の老化なのです。
この細胞の老化は活性酸素が深く関わっていると言われています。
実はこの老化の原因でもある活性酸素が、水素水が脳梗塞の予防に効果がある理由の鍵を握っているのです。

水素水が脳梗塞の予防に効果的な理由とは?

 (24360)

実は水素の還元力はとても弱いのですが、そのため大切な善玉活性酸素とは反応せず、酸化力が強い悪玉活性酸素にだけ反応します。つまり身体に良いものはそのまま、悪いものだけ無くす、ということ。悪玉活性酸素は水素と反応し水になって無害化されます。

そして水素が、いま医療界で注目されるもう1つの理由が『体の隅々にまで届くこと』です。水素には優れた拡散性があり『水にも油にも溶ける』非常に珍しい性質があります。さらに水素はあらゆる物質の中で最も小さく、実際の大きさは、直径0.001ミリと言われるミトコンドリアのわずか1/1万の大きさです。
仮に脳梗塞発作が起ってしまった場合であっても、活性酸素が水素水によって除去されていますので、全く飲んでいない方に比べると脳障害を齎す原因が半減する事が、効果として確認されています。
水素は体の細胞の奥の奥まで浸透することができるため、
血管の細胞の老化が原因の1つと言われる脳梗塞の予防にも効果を発揮することができるのです。
水素水の脳梗塞の効果は既に実験でも証明されています。

肝心なのは日々の生活習慣を見直すこと

健康な生活を送るため、日々心掛けておきたいいくつかのこと | Healthil[ヘルシル] (21038)

水素水で脳梗塞の予防や万が一発症したときの重症度を下げることは期待できます。
ですが、水素水を飲んでいるからと言って、暴飲暴食をしていては本末転倒です。
水素水を飲みながら日々の生活を改善すれば、脳梗塞のリスクも下げることは間違いないでしょう。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生活習慣病を水素水で華麗に予防しよう!

生活習慣病を水素水で華麗に予防しよう!

生活習慣病を予防するには適度な運動ときちんとした食生活と言われています。そこに水素水を加えたらどうなるでしょうか?調べてみました。
ぽよん | 490 view
水素水で病の根源を撃退しよう!!

水素水で病の根源を撃退しよう!!

近年様々な病気に効果が期待されている水素水。今回は、なぜ水素水が様々な病気に効果が期待されているのかをご紹介いたします。
shikiviolet | 440 view
感染症にも効果を示す?水素水。その真偽は?

感染症にも効果を示す?水素水。その真偽は?

近年様々な効果が発見されている水素水。その水素水に様々な感染症にも効果があると期待されています。今回は、その理由と真偽についてご紹介いたします。
shikiviolet | 1,275 view
様々な難病を解決してくれる可能性のある水素水とは?

様々な難病を解決してくれる可能性のある水素水とは?

最近多くの注目を浴びている水素水。様々な難病の解決に役立つ可能性がある事がわかりました。今回はその理由をお教えします。
shikiviolet | 202 view
水素水に動脈硬化を予防する力はあるのか?

水素水に動脈硬化を予防する力はあるのか?

沈黙の殺人者と呼ばれる動脈硬化は日本人の死因の3割を占めます。動脈硬化予防のために水素水が役立つのか?調べてみました。
ぽよん | 601 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

shikiviolet shikiviolet