2016年2月23日 更新

糖尿病の治療はつらい!血糖値だって水素水が下げてくれる!?

糖尿病になってしまうと治療はつらいし食生活はすごく制限されるしで、相当厳しい闘病になります。 そんなことにならないように水素水を試してみてはいかがでしょうか♪

血糖値はなぜ上がる?維持するには?

血糖値が高いってどういうこと?

 (23194)

体の活動に不可欠な糖質(炭水化物)はごはんやパン、果物やお菓子などから摂取しています。食事で摂取した“炭水化物”は、身体内でブドウ糖になり、日々活動するための燃料として、血液中に送られ、細胞内でエネルギーとして利用されます。その時に、血液中にあるブドウ糖(血糖)を全身の細胞に取り込ませたり脂肪や筋肉などに蓄えたりする働きをするのがインスリンです。
しかし、糖尿病の患者さんではインスリンの量が少なくなるか、その働きが悪くなり(もしくはその両方)、血糖を上手く細胞へと取り込むことができずに、血糖値が高い状態(高血糖状態)が続きます。
糖は体を動かすうえでとても大事な栄養素ではありますが、何事も過剰はよくありません。

血糖値が高いままだとどうなっちゃうの?

血液が濃くなり、脱水症状になったり、
糖尿病、心筋梗塞、肝硬変などの症状が出てしまいます。
死を招いてしまう恐ろしい病気ばかりですね。対策はどうすればいいのでしょうか?

血糖値を維持するには?下げるためには?

 (23108)

まずは食事の改善。
血糖値を上げにくい食品を食べるなど、かなり気遣いが必要。
血糖値を下げるための有効な運動は
ウォーキングやランニングといった
軽めの有酸素運動です。
そして運動。きついことをする必要はありません。日常生活に少しでも運動を取り入れてみてください。
食事については噛む回数を増やすなどいろいろな気遣いが必要で、いつもの習慣を変えるにはかなりの努力が必要になります。

水素水が血糖値にも効果的!?

最近何かと話題を呼んでいる水素水。
なんと血糖値の維持にも効果があるようです!
理由と効果について調べてみました☆
京都府立医科大学内科の吉川敏一教授、梶山内科クリニック(京都市右京区)の梶山静夫理事長らの研究グループは、軽症2型糖尿病患者30名と糖尿病予備軍6名を対象にした水素水の「二重盲検比較試験」を行った。
人への組織的な水素水の臨床治験は、日本で初めてといわれている。1日3本(300ccX3)のアルミパウチ入り水素水を8週間飲用後の検査によると、大多数の人に糖・脂質代謝の改善が認められることがわかった。
韓国の延世大学医学部でも、糖尿病患者の高血糖に対する臨床応用が行われ、水素水を継続的に飲用することにより、血糖値が低下し、その効果は「1、2、3ヵ月と経時的に増加する」と発表している。
活性酸素によって傷ついたすい臓は、水素を多く含んだ水素水を取り込むことによって修復できます。また、インシュリンの分泌を正常にし、ブドウ糖を血液中で正しく消費できるようにする働きもあるそうです。

ちなみに、糖尿病予備軍である境界型糖尿病(血糖値110~126mg/dlの人)に対する臨床実験では、水素水の摂取でインシュリンの分泌量増加、血糖値を低く抑えられたという報告もあがっています。
活性酸素は膵臓をも傷つけてしまいます。活性酸素を効率よく除去するのが水素水の得意技!
 (23116)

こういった実体験がたくさん寄せられています。何をやってもあまり効果がなかった方こそ、手軽にはじめられる水素水が合っているかもしれません♪
細胞内にも浸透できる水素は、悪玉活性酸素を無害化する働きがあります。活性酸素によって傷つき弱ってしまうβ細胞・ミトコンドリア、細胞を水素が保護。水素がインスリン分泌を効果的に促進することや、代謝をあげ血糖を下げる効果的な働きをすることは、すでに数々の論文で証明されています。
医療の分野にて臨床実験が行われています。お医者様が「効果あり」と言ってくれているのですから信頼できますね☆

糖尿病の方・予防したい方にお勧めの水素水の飲み方♪

糖尿病対策で水素水を飲む場合、前述の2型糖尿病患者と糖尿病予備軍の方を対象に行われた臨床試験の飲み方を参考にすると良いでしょう。

同試験では、水素濃度1.2ppmの水素水を1日300ml×3回=合計900ml、8週間にわたり毎日飲む方法が採用されています。

以上より、水素濃度1.2ppmの水素水を朝・昼・晩の3回に分け900ml以上を目安に飲むと良いでしょう。

1.2ppmってどのぐらい?

1.2ppmの水素水を飲めと言われても、市販の水素水にはppmで表記されているもの、ppbで表記されているもの、グラムで表記されているものなどいろいろあってよくわかりませんよね?
単位によってどう違うのか調べてみました♪
1ppm=1000ppb=0.5mM=1mg/l

例えば1.2ppmを他の単位で表記した場合、1200ppb、0.6M、1.2mg/lと換算することができます。
糖尿病と水素水について調べてみましたがいかがでしたか?
水素水の効果は計り知れませんね。
ただ、水素水を飲んでいるからと安心して高血糖なものを飲んだり運動をやめたりせずに、「補助」として水素水の力を借りてみてください。きっと、今まで頑張ってきたことの効果が目に見えてきますよ♪
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

糖尿病に対して水素水が有効な理由

糖尿病に対して水素水が有効な理由

糖尿病予備軍は国民の5人に1人以上いると言われていますが、最近の研究で水素水が糖尿病に対して有効であることが分かってきました。
ぽよん | 742 view
血糖値の改善に水素水が効果を発揮!

血糖値の改善に水素水が効果を発揮!

生活習慣病の一つである糖尿病。 この糖尿病にかかってコントロールしなければならないのが血糖値ですが、水素水がこの血糖値の改善にも効果を発揮すると言われています。
sei666jail | 637 view
病気予防のための水素水活用法

病気予防のための水素水活用法

今話題の水素水は、さまざまな病気に高い効果があるといわれています。 病気予防のために、水素水を上手に活用したいですね。
happybox93 | 391 view
水素水は腎臓病の治療や予防にも効果があるんです!

水素水は腎臓病の治療や予防にも効果があるんです!

色々な病気の予防に水素水が役立っていますが、腎臓病の予防にも効果があるのです。今回は腎臓病の原因を知るとともに以下に水素水を活用するかを考えてゆきましょう。
-USHIO- | 4,869 view
糖尿病には水素水

糖尿病には水素水

今回は生活習慣病である水素水に糖尿病を予防できる効果があると聞き気になったので調べてみました。
ゆずみかん | 226 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

佐々姫 佐々姫