2016年1月22日 更新

水素水で活性酸素を撃退!アトピーに負けない身体を作ろう!

話題の水素水はアトピーの痒みの原因となる活性酸素を除去する強い力があります。効率よく水素を摂りいれることで、アトピーの症状を軽減することができます。

アトピー性皮膚炎とは?

 (14179)

炎症や痒みを伴うアトピー性皮膚炎とは?
アトピー性皮膚炎は、良くなったり(寛解:かんかい)悪くなったり(増悪:ぞうあく)を繰り返す、かゆみのある湿疹を特徴とする皮膚疾患です。多くの患者さんは皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)とアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)をもっています。
アトピー性皮膚炎は慢性化しやすい病気です。発症すると皮膚にかゆみを伴う赤い発疹などの症状があらわれ、良くなったり、悪くなったりを繰り返します。
一般的に、乳児(生後1年未満)では2か月以上、その他の年齢では6か月以上にわたって症状が続く場合、アトピー性皮膚炎と診断※1されます。
また患者の多くは、「アトピー素因」と呼ばれるアレルギー体質を持っています。
アトピー性皮膚炎はもともと体がアレルギーに反応しやすい人や肌のバリア機能低下している人に多い皮膚炎の一つです。湿疹や強い痒みを伴い、良くなったり悪くなったりを繰り返すという特徴をもっています。
身体が温まると痒みが強くなり、掻きむしることで炎症が悪化していきます。小さな水疱ができ、水疱が破けると皮膚はジクジクとした状態になります。症状が長引くと皮膚はささくれ、盛り上がって固くなります。

活性酸素がアトピー性皮膚炎を悪化させる

 (13891)

免疫機能である活性酸素も増え過ぎると体に色々な害をもたらしてしまいます。その一つがアレルギー性疾患の悪化なんですね。
アトピー性皮膚炎の原因についてはまだ解明されていないこともありますが、皮膚のバリア機能が低下した乾燥状態に、アレルゲンの侵入(ダニ・ほこり・食べ物など)やストレスなどの多様な環境的要因が重なって起こると考えられています。原因や症状には個人差があり、症状を悪化させる要因も人それぞれ異なるのがアトピー性皮膚炎の特徴です。
良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期にわたり皮膚の炎症が続くアトピー性皮膚炎。炎症は、本来は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必須のものです。しかし、アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。
免疫が過剰に反応する理由としては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や皮膚のバリア機能低下も大きく関係しますが、他に、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。
アトピー性皮膚炎はアレルギー体質などの内的要因と乾燥や衣類の刺激などによる外的要因が重なり合って引き起こされます。
体には外から侵入したウイルスや細菌をやっつけるため免疫反応が起こります。その免疫反応が過剰に引き起こされるのがアレルギー反応です。アレルギー体質の人はアレルゲンに対して免疫機能が過剰に反応してしまうため活性酸素が大量に発生してしまいます。活性酸素が大量に発生すると細胞の免疫機能が低下するため、外的刺激にも過剰に反応し炎症や痒みを引き起こしてしまうのです。

アトピー性皮膚炎はアレルギー体質の人に多い皮膚炎ですが、最近ではアレルギー体質以外の人にも多くみられるようになりました。乾燥や汗、ストレス、生活習慣、睡眠不足などによってホルモンバランスが乱れると肌のバリア機能が低下し炎症や痒みを引き起こします。

活性酸素の増加は肌のバリア機能を低下させるだけでなく、アレルギー性の病気を悪化させる過酸化脂質を増やす働きもあるため、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因の一つとなっています。

水素水で活性酸素を除去しよう!

 (14175)

水素水はアトピー性皮膚炎を悪化させる活性酸素を除去、症状の緩和や改善に効果があることで注目されています。
水素は体内に取り込まれると活性酸素と結合し、体に害のない水に変化するのですが、水素は宇宙一小さな物質のため、体外からの侵入が難しい脳や子宮などにも入り込み、体中の活性酸素を取り除くことが出来るんです!
アトピーの改善に必要なのは、活性酸素の除去です。活性酸素を取り除けば炎症を鎮静化することができ、次第に肌のバリア機能も回復していくと言われています。

そこで役立つのが、高い抗酸化作用を持つ水素水。水素水の摂取方法は、飲用するのはもちろん、コットン等にしみこませて、患部を覆うことも有効だそうです。

水素水は飲みやすいため、子供から大人まで簡単に摂取可能。しかも、副作用も刺激もないため、アトピーの安全な改善策として注目を集めています。
活性酸素を除去する抗酸化物質にはビタミンやポリフェノール、カテキンなどがありますが、水素水はどれよりも高い抗酸化力をもっています。さらに水素は分子量がとても小さいため細胞の奥、体の隅々まで浸透して活性酸素を除去することができるのです。

水素水は体内に入ると悪玉活性酸素と結合して体に無害な水に変化し体外へ排出されます。薬ではないため副作用が無く、体への負担もありません。悪玉活性酸素を除去することでアトピーの症状を緩和する効果が期待できるのです。

水素水の効果的な摂り方と効果

 (14268)

水素水は1日に数回に分けて飲むとよいといわれています。
水素濃度の高い商品を選び、効率よく水素を摂りいれましょう。
水素によるアトピーへの効果は、正しく水素が体内にとり込まれ、活性酸素を除去しなければ見込めません。近年は多くのメーカーから飲料用の水素水が発売されていますが、中には水素の濃度が低いものも存在します。

また保存方法が不適切だと、水素が抜けてしまいますので、水素水をはじめようと思っている方は、正しい水素水の選び方や摂取方法を理解しておくようにしましょう。
アトピー性皮膚炎の原因は人それぞれと言われています。ですので、全ての人に対して水素水が根本的な原因の排除にはなるとは言えないかもしれません。しかし、水素水で活性酸素を除去する事によって皮膚の炎症を抑える事ができる事は確かなようです。さらに原因の1つである過酸化脂質の発生も活性酸素の除去により抑える事ができます。
過酸化脂質の発生を抑えて炎症を沈静化できれば、症状の改善に役立つと言えると思います。

また、アトピー性皮膚炎が発症した方は抗酸化物質を活性化する力が弱いと言われています。普段から水素水を利用し抗酸化物質を補い、活性酸素を発生を抑制する事でアトピー性皮膚炎の発生、進行を予防する事はできるようです。
活性酸素を除去するには十分な水素を体内に摂りいれる必要があります。
そのため水素濃度の高い水素水を、効率よく飲むことが大切です。
アルミパウチやアルミ缶などに入った水素水は水素が抜けにくいといわれていますが、開封後は少しずつ水素が抜けてしまうため早めに飲み切るようにしましょう。

また、水素水は直接肌につけることで皮膚からも吸収されます。一度に飲み切れない時は、水素を蒸発させるよりも肌に直接スプレーすると効率的です。体の中と外から水素を吸収することができます。

水素水は薬ではないのでアトピー性皮膚炎が完治するということではありません。アトピーの原因とされる活性酸素を除去することで、アレルギー体質を改善して症状の緩和が期待できるということです。アトピー独特の痒みの原因を減らすことで、治療に使われるステロイドなどの軟膏の使用量が軽減される一つの方法なのです。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アトピーを改善する水素水の効果を科学します

アトピーを改善する水素水の効果を科学します

水素水はアトピー自体を治癒させてはくれませんが特有の症状を緩和しアトピーに苦しんでいる人のQOL(生活の質)を上げてくれます。 今回は化学的に水素水の効果を調べてみました
-USHIO- | 812 view
水素水で楽になる?この痒い皮膚炎はどうしたら治るの?

水素水で楽になる?この痒い皮膚炎はどうしたら治るの?

夜眠れないくらい痒い肌のかゆみに襲われたことってありますか?皮膚炎は原因が特定されにくいものが多く感知が困難です。そんなかゆみに効くものってないのでしょうか。
sawaco | 5,127 view
《塗っても飲んでも効果的》水素水のアレルギー抑制作用に驚いた!

《塗っても飲んでも効果的》水素水のアレルギー抑制作用に驚いた!

水素水にはアレルギーを抑制する作用があると言われています。健康や美容にも効果的な水素水ですがアレルギーとどのような関係があるのでしょうか。
sawaco | 532 view
そのつらいアレルギーやアトピー、水素水が助けてくれるかも!?

そのつらいアレルギーやアトピー、水素水が助けてくれるかも!?

アレルギーやアトピーって原因がわからなかったりわかっても治す方法はなかったりと生活に支障があることが多いですよね。 それ、水素水で軽減されるかもしれませんよ?
佐々姫 | 909 view
水素水はアトピー性皮膚炎の改善にも有効です。

水素水はアトピー性皮膚炎の改善にも有効です。

辛いアレルギー症状の一種であるアトピー性皮膚炎。 かゆみや炎症を抑える為にステロイドを常用している人がほとんどでしょう。 強いステロイド薬を使わなくても化学物質でない水素水で改善されるというなら、そんな夢のような話はありません。
sei666jail | 1,045 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hana06 hana06