2016年1月6日 更新

身体の大敵!悪玉活性酸素を水素水でやっつけろ!

身体の大敵、活性酸素。でも、安心してください!水素水は悪玉活性酸素を撃退する役割が!

活性酸素って何?

「活性酸素」という言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。
病気や老化を促進したり、美容の大敵と言われているのが活性酸素。とにかく良くないイメージありありですが、実際にどんなものなんでしょうか。
【活性酸素とは】
酸素を凶暴にしたような分子。
体の中の細胞や遺伝子にまで攻撃を仕掛けて壊してしまう。
老化の根本的原因は、活性酸素が血管を酸化し硬くすること。
人間は体内に入ってきた有害物質を排除しようとする時、白血球の武器として活性酸素を発生させ攻撃する。

生命活動をする上で活性酸素はどうしても出来てしまう。

私たち人間は、その活動を維持する為に酸素が必要です。呼吸によって得た酸素の内、約2%は必ず活性酸素になってしまうと言われています。私たちが酸素を必要とする限り、活性酸素の発生を防ぐ事は不可能という事です。
 (7748)

人間を始めほとんどすべての生物は、酸素を使って体の中で栄養分を分解し、エネルギーを得て生活しています。
 この酸素が他の物質と結び付くことを「酸化」といいます。
 人間の体は、約60兆個の細胞からできていますが、その一つ一つの細胞が血液から酸素と栄養分を受け取り、酸素で栄養分を分解してエネルギーを得て生きています。体が健康であるということは、体のすべての細胞に酸素と栄養分が十分いきわたり、細胞が元気だということです。
 ところで、空気中の酸素は比較的安定していますが、呼吸によって体内に取り入れられた酸素は、エネルギーを作り出す代謝の過程で極めて不安定な状態になります。
 そして不安定になると、近くにある物質と盛んにくっつこうとします。このときの酸素は大変酸化力が強く、これが「活性酸素」と呼ばれるのです。

過剰な活性酸素が問題!

活性酸素は、全身の細胞に影響を与える物質です。増えすぎると体内のあちこちで結合できる相手を探しまわり、手当たりしだいに結合して酸化を促進させていきます。

過剰な活性酸素による酸化こそが老化・病気の元凶であることが、近年の研究により明確になってきました。病気には数多くの種類がありますが、現代の病気の90%以上は活性酸素が関わっていると言われています。活性酸素によって細胞が傷つくと、内臓・皮膚・骨などの組織がダメージを受け、老化や病気になる可能性が増えていきます。
<活性酸素が発生するとき>
1.紫外線・タバコ・食品添加物・アルコール・放射線などから守ろうとするとき。
2.基本的に普段の呼吸の2~3%は活性酸素になってしまう。
3.特に「ストレスを感じた時」に一番多く発生する。

人の病気の9割は活性酸素が原因と言われています。有名な例としてはガン細胞です。活性酸素によって攻撃されて突然変異したDNAこそがガン細胞となります。
ストレスが過剰な活性酸素生成の引き金になるんですね!

全ての活性酸素が悪いわけではない

活性酸素は、環境汚染(排気ガス・放射線・紫外線・水質汚染・大気汚染)、異物混入(細菌・ウィルス・カビ・タバコ)、激しいスポーツ、ストレス、病気等の影響によっても体内で大量に発生します。

実は活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があって全てが悪者ではありません。
善玉活性酸素(スーパーオキシド等)は、 高い反応活性により、外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物等を殺菌・除去する役割を持っていて、神経伝達や血管新生、 免疫力向上等で生命維持に必要なものです。
悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル等)は、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与えて身体を酸化=老化させて、病気や老化を促進させる悪い活性酸素です。

活性酸素にはビタミン、ポリフェノール等の抗酸化物質が有効ではあるのだけど…

一般的にビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなどの酵素を多く含む「抗酸化食品」を摂る事で、活性酸素を減らせる事は有名ですが、それらの食品は全ての活性酸素と反応するので、体に必要な善玉活性酸素まで減少させてしまうのです。 更にそれらの食品は抗酸化物質だけではありませんので、消化吸収した後に老廃物も発生して老廃物がまた酸化してしまいます。
善玉活性酸素は免疫機能や古くなった細胞の除去など
身体にとって重要な役割を果たしますが
悪玉活性酸素は、強すぎる反応(酸化)によって、
どんなものにも結びつき、たんぱく質、脂質を傷つけまくり
破壊しまくる凶暴な活性酸素なのです。

近年、老化の原因といわれる「酸化」は
この悪玉活性酸素が原因だったわけなのです。
じゃあ、原因である活性酸素を取り除けばいいじゃないか!と思われるでしょう。
確かに、抗酸化物質を摂取すればOKなのですが…
抗酸化物質は、酸化を防ぐ力が強すぎるため
身体に必要な善玉活性酸素まで除去してしまいます。

ここで水素水の出番です!

 (7744)

水素の還元力はとても弱いのですが、そのため大切な善玉活性酸素とは反応せず、酸化力が強い悪玉活性酸素にだけ反応します。つまり身体に良いものはそのまま、悪いものだけ無くす、ということ。悪玉活性酸素は水素と反応し水になって無害化されます。
水素は悪玉活性酸素のみを選別して、悪玉活性酸素のみを除去する特性があります。
また、水素だけの優れた特性として、水素は水にも油にも溶ける性質なので、細胞膜を通過して細胞の隅々まで行きわたる事ができます。他の抗酸化物質、例えば、ビタミンCは水溶性なので細胞膜を通貨できませんし、ビタミンAは脂溶性なので細胞内に入る事ができません。
水素水はすべての活性酸素の働きを抑制してしまう抗酸化物質と違って、悪玉活性酸素だけをやっつけてくれるんですね!これはスゴイ!!!
水素は、悪玉の活性酸素を無害化させる働きを持っていると言われています。これは、水素が悪玉の活性酸素と強く反応しやすい性質を持っているためです。

しかし、水素の作用は、老化や慢性疾患などからくる「自覚症状」を覆い隠す作用をするのではなく、あくまで根源となる悪玉活性酸素に作用すると捉えるべきでしょう。そのため、悪玉の活性酸素が多く発生し、それが老化や病気の原因となっている度合が強い人ほど、水素の効果を感じられると考えられます。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

病気じゃないけど、なんとなく体がだるい。そんな時は水素水を飲んで元気になろう!

病気じゃないけど、なんとなく体がだるい。そんな時は水素水を飲んで元気になろう!

病院へ行くほどではないけれど、疲れがとれない、やる気が出ない。もしかすると毒素や老廃物が溜まっているかも知れませんよ。水素水を飲んで元気な毎日を取り戻しましょう!
hana06 | 369 view
活性酸素の恐怖と水素水の効能

活性酸素の恐怖と水素水の効能

水素水のすごいところは、なんと言ってもその抗酸化作用!つまり、活性酸素を除去する力のことです。では、この活性酸素ってどんなもの?悪いものだけじゃないの?水素水が効くって言うけど、副作用とかはないの?放射能にも効くって言うけど、、?!こんな疑問についても調べてみました。
まっきー | 534 view
細胞から若返ろう!アンチエイジングもできる水素の力とは♪

細胞から若返ろう!アンチエイジングもできる水素の力とは♪

人気の水素水にはアンチエイジング効果があるんです。水素水を飲んで活性酸素を撃退、細胞から元気に若返り元気な体を手に入れましょう!
hana06 | 166 view
唾液で体質や健康状態を測定してから水素水を摂り入れましょう

唾液で体質や健康状態を測定してから水素水を摂り入れましょう

体が酸性化しているという事は、体に悪い活性酸素が増えているという事です。 水素水は悪い活性酸素だけを取り除ける魔法の水ですが、水素水を摂り入れる前に自分の健康状態を知っておく事は、水素水選びの大きなヒントになるのではないかと思います。
日暮学 | 1,341 view
活性酸素を除去すると言われる水素水。その結果どうなるの?

活性酸素を除去すると言われる水素水。その結果どうなるの?

何かと話題になっている「水素水」。効能として活性酸素を除去してくれるのはもはや定番となっていますが、水素水はそれだけでなく驚くべき効果を秘めていることが分かったのです。その効果ってどんなものなのでしょうか?
purin | 1,414 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

puchiecho puchiecho