2016年1月28日 更新

【医療の現場から】水素水でおなじみの太田成男教授のまとめ

水素水にゆかりのある人でしたら、日本医科大学の太田成男教授の名前を知らない人はいないのではないかと思います。 日本でいち早く悪玉活性酸素と結びつきやすい水素のデトックス的な働きに注目し、 今や水素研究の第一人者とまで呼ばれるに至った、医学界の新たなニューリーダーの一人です。 今日の水素水ブームの火付け役となった太田成男教授について色々とまとめてみました。

水素研究の第一人者、太田教授からのメッセージ

水素研究の第一人者、太田成男教授

水素研究の第一人者、太田成男教授

2007年に私たちの研究チームは医学雑誌の最高峰「NatureMedicine」にて『水素(H2)の生体への有効性』を発表しました。水素には素晴らしい抗酸化作用があり、選択的に悪玉の活性酸素・ヒドロキシルラジカルを除去できることがわかったのです。以降、世界中で水素と健康に関する学術論文が年々発表され、いまや300に迫る学術論文が発表されています。
活性酸素と聞くと、全てが悪者で全部消してしまえば良いと誤解されがちですが、実は様々な種類の活性酸素が存在し、中でも老化や体のトラブルの元凶になる悪玉活性酸素・ヒドロキシルラジカルが問題なのです。この悪玉活性酸素・ヒドロキシルラジカルの害をいかに無くし、細胞を体をいかに若く元気に保つのか…その答えが『水素(H2)』で、抗酸化作用以外にも抗炎症作用やアレルギーを防ぐ効果、代謝を活発にする効果など、多くの作用があるという新事実が次々わかってきました。

水素が医学的に大きな注目をあつめる一方でとても残念なことに水素の最新研究に便乗した数多くのインチキ商品が出回ったり、科学的根拠のない水素の情報もインターネットやクチコミで広まっています。活性水素・マイナス水素イオン・プラズマ水素・水素吸蔵サンゴなどは、同じ「水素」という名前でも、私たちが研究してきた水素(H2)とは無関係であり、まったく違うものであることをご理解いただければと思います。

活性酸素を減らす水素水の効果!日本医科大学太田教授 - YouTube

日本医科大学老人病研究所の太田成男教授が発表した、多くの病気の原因と言われる「活性酸素」を減らす水素水の効果。http://suisosui-server.com/

太田教授が計測した各社水素水の実態

今はもう閲覧できないかもしれない、週刊文春の衝撃の記事

今はもう閲覧できないかもしれない、週刊文春の衝撃の記事

計測結果に関しては、「週刊文春の計測」と「日本医科大・太田教授の計測」の2つのデータが掲載されていました。
計測によれば、当時のアルミボトルタイプの水素水は水素が抜けやすい特性があるため、
軒並み水素濃度が低く(または全く残存していない)、
反対にアルミパウチタイプのものは密閉式であるため、
残存濃度が比較的高いという結果が出ていました。

そのため、現在、飲料メーカー各社から発売されている水素水の殆どは、
持続期間の長いアルミパウチ式容器にシフトしています。

また手軽に摂れる水素サプリは、
太田教授の調査ではニセモノとホンモノの差がはっきり出てしまいました。
■ 水素水にはインチキもあるし、インチキでなくても水素はすぐなくなってしまうことを理解して選ばないといけない。
■ 水素水でスペックが信頼出来てコスパが優れているのは「水素水7.0」
■ 水素サプリはインチキがおおいから慎重に選ぶべき。(きちんと品質がわかるデータを示した商品)
■ 水素水だけでなく効率的に水素を取りこむには「水素入浴」がよい。水素入りのお風呂で皮膚と呼吸から水素を吸収する。これが一番水素を大量に体内に取り込める。現在販売されている「水素発生入浴剤」にインチキなものはない、と太田教授もお墨付き。
上記引用文は、引用先サイトの管理人さんが記事を読んだ感想を箇条書きにまとめたものです。

医療現場で使われている水素水の濃度は5.0ppm以上!

週刊文春の記事中計測データ一覧(一部)

週刊文春の記事中計測データ一覧(一部)

週刊文春の記事中の計測データの中に、太田教授も注目した、飛びぬけて水素濃度の高い商品が一つありました
計測データのところで他とは桁違いの数値だったのが「水素水5.0」(その後「水素水7.0」に変更)です。他の水素水の約5倍の数値です。
この「水素水7.0」は他の水素水と違って、自分で作る水素水だからというだけでなく、医療現場でも信頼されている水素水です。
「水素水5.0」は医療現場でも使用されているいわば“プロ仕様”のもの。ユーザー自身が水素水を作るタイプだ。
「水素発生素材を試験管のような専用カプセルに入れ、少量の水をたらして水素ガスを発生させます。そのカプセルに蓋をして、水が入った炭酸飲料用のペットボトルの容器に入れて密封すると、水素ガスが水に溶け込み、水素水になります」(「水素水5.0」を使っている病院スタッフ)
水素ガスの発生は、セットしてから約10分前後で終わる。ペットボトルを30秒ほど振ることで圧力をかけると、さらによく溶け5.0ppm前後の「超飽和水素水」となる。
「週刊文春」記事で特別扱いされた「水素水5.0(=水素水7.0)」の詳細:水素水でアンチエイジング実践ノート (9295)

発生時点で水素濃度が高いという事は、残存濃度の高さと持続時間に関係してきますから、
予防よりも対症療法が主体の医療現場では高濃度の水素水を使用する傾向にあるようです。

カプセルを使用したハンドメイド水素水の作り方に関心がある方は、上記引用先サイトを御覧ください。

太田教授の水素水選びの基準は?

水素の安全性は確認されていますが、水素水に加工する際に不純物が混入すると、それは害になる可能性があります。たとえば、水素を好むバクテリアがいるため、水素水は普通の水より雑菌が入りやすいのです。水素水は「食品」ですから、食品衛生法の管理下で生産されたモノで、水素の特性をよく考えた構造のアルミパウチ容器入りのモノを選ぶのが安全といえるでしょう。
水素水サラスバ日記 パウチ容器の空気につきまして (17788)

なぜ超資本家は世界経済を崩壊させようとしているのか | カレイドスコープ (17789)

水素水の製造法には、圧力をかけて水素ガスを水に溶解させる方法、水を電気分解して水素を発生させる方法(電解水素水)などがあるが、「前者は中性を保ち、飲みやすさと抗酸化力を兼ね備えている。一方、電解水素水は味がいまいち」と太田教授。

また、水素発生サーバーや自宅で作る水素発生スティックは、水素濃度が安定していないものもあるという。衛生管理にも注意が必要だ。

まとめ

水素水の驚くべき効果を知って、健康・美容に自信溢れる毎日を! (9303)

日本医科大の太田成男教授は、
率先して水素水に関する講演会を開いたり、実験動画を制作したり、
また、メーカー各社の水素水開発の監修を行ったりと精力的に普及活動に努めていらっしゃいます。

医学的観点から見ても、
水素水にはまだ様々な効能の他に医療の現場でも未だ知られていない、
何らかの秘められた力が眠っているのかもしれません。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

飲むだけで健康な体へ水素水の奇跡

飲むだけで健康な体へ水素水の奇跡

飲むだけで健康な体作りができる水素水は、最近の研究が進んで様々な効果が発見されました。今回はその効果をご紹介いたします。
shikiviolet | 241 view
水素水研究の第一人者【太田成男教授】とは何者なの!?

水素水研究の第一人者【太田成男教授】とは何者なの!?

近頃話題の水素水、「水素水が体に良い」と分かるためにはそれなりの研究が必要ですよね。その研究に長年携わり、水素水ブームの火付け役ともいえるのが太田成男教授なんです。では、この太田教授はどのような人物なのでしょうか?
ec_changetheworld | 621 view
いつでも水素水を飲みたいなら選び方を知っておきましょう!

いつでも水素水を飲みたいなら選び方を知っておきましょう!

水素水を選ぶとは言ってもペットボトルやサーバーなど様々な形だったり濃度など様々な商品が提供されています。それぞれにメリットやデメリットが考えられるだけに正しい知識で水素水を選んでいくようにしましょう。
turubo | 554 view
活性酸素を除去すると言われる水素水。その結果どうなるの?

活性酸素を除去すると言われる水素水。その結果どうなるの?

何かと話題になっている「水素水」。効能として活性酸素を除去してくれるのはもはや定番となっていますが、水素水はそれだけでなく驚くべき効果を秘めていることが分かったのです。その効果ってどんなものなのでしょうか?
purin | 1,497 view
可能性は無限大!!水素水の最近の研究を探る

可能性は無限大!!水素水の最近の研究を探る

最近大きな注目を浴びている水素水は、研究が進むたびに更なる発見がある画期的な飲料水です。今回は、水素水の最新の論文や研究についてご紹介いたします。
shikiviolet | 403 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

日暮学 日暮学