2016年1月25日 更新

アルツハイマー型認知症に効果があると言われている水素水です。予防の為に飲んでみませんか?

認知症の過半数を占めるアルツハイマー型認知症。年齢を重ねるほど危険性がでてきます。できるだけ早いうちから水素水で予防しておいた方がいいと思います。

アルツハイマー型認知症、つまり認知症は年齢を重ねるごとに過去の事を少しづつ忘れていく病気ですね。昔からお爺さんやお婆さんが「最近物忘れする事が多くて」なんて言っていたのを思い出します。お爺さんやお婆さんがすぐに忘れてしまうと言うコントがあったり、ドラマがあったり、お爺さんやお婆さんのキャラクター作りにされていたような気がします。

過去の事を少しづつ忘れていくと言う事はとても寂しい事です。でも最近のお爺さんやお婆さんは元気な人がとても多くなってきました。若い人間の方が元気がない事も多いようです。80歳を越えてもまったく食が細くならず、毎日朝から肉料理を食べて、お酒を飲んで、歩き回り、旅行をしたり、パソコンを自由に使いホームページを作ったり、SNSを毎日利用したり、そんなお爺さんやお婆さんが沢山いるようです。

そんな元気なお爺さんやお婆さんになる為に,そしていつまでも自分の歴史を思い出し語ることができるように、若いうちから水素水を飲んで認知症にならないように心がけたいものです。自分がこれから認知症にもならずに80歳、いや100歳まで楽しく生活ができるとしたら、こんな楽しい事はないと思います。
最近、テレビや雑誌などで話題になっている、水素水。水素水には、人体の活性酸素を抑制したり、酸化による損傷を修復を促進する効果があると言われていて、 病気の予防、美容やダイエット、アンチエイジング効果など、様々な面で効果が期待できる水として 健康分野、医療分野からも大きく注目され、関連商品も多く見かけるようになってきました。

アルツハイマー型認知症の原因と症状

 (15319)

アルツハイマー病の原因は現在もはっきりと解明されておらず、何らかの原因で脳細胞が変性し、萎縮する病気です。 近年、増加傾向にある事から、食事やストレスが影響していると思われます。 初期症状は徐々に物忘れが始まり、ゆっくりと進行します。

古い記憶はありますが、新しい記憶は忘れがちで、同じ事を何度も聞いたり、物を置き忘れたりが増えていきます。 そのため、本人に認知症の自覚がなく、治療や症状改善が遅れ、気がついた頃には、見当識障害や思考・判断力障害に進行している場合があります。

アルツハイマー型認知症(全体の約50%)

アルツハイマー病は脳内で特殊な異常タンパク質が増えることにより、脳の活動に障害が発生し認知機能が低下するとされています。アミロイドβ(ベータ)というこのタンパク質が蓄積により脳の神経細胞が急速に壊され、脳の委縮がすすみます。

正常な状態と発症後のMRI画像を比較すると、正常時は頭蓋骨と脳の隙間が小さい状態から、年々隙間が広くなっていくことが確認できます。脳の重さでは、通常1.4kg前後ある成人の脳が、発症から10年程経過すると6割以下に減少します。

脳の委縮で最初に影響を受ける部分が、脳の側頭葉の「海馬」と呼ばれる部分です。この「海馬」は短期記憶を司る場所なので、「少し前のことを覚えられない」という記憶障害が、病気の初期で起こってくるのです。アルツハイマー病のメカニズムの全容は現在も研究途中ですが、明らかにはなっていません。

水素水で認知症が改善

 (15320)

1997年日本医科大学の太田先生は「水素で脳梗塞のねずみの症状が改善した」という内容の論文を発表しました。これは脳内にある細胞を酸化する(錆びつかせる)活性酸素が水素によって中和され、脳細胞の酸化損傷を抑制したためと考えられています。

しかし、認知症が水素によって改善するということが医学的にはっきりと解明されているわけではなく、医学的にも研究段階にとどまっています。
水素水は活性酸素に反応して無害の水分に変えてくれますが、酸化を防ぐ事で老化を防ぎ、血管の動脈硬化を防ぎます。脳血管性認知症の予防や改善に効果を発揮します。 水素分子は最小の分子のため、体の隅々まで浸透します。脳では多量に酸素を消費するため、その分、活性酸素も多く発生します。

水素は脳内の「血液脳関門」という脳への小さな入口を通過することができるため、脳内の細胞へも行き届き、活性酸素を還元(無害化)します。 脳細胞に好影響を与え、脳細胞が変性し、萎縮するアルツハイマー型認知症の予防や改善にも有効だといわれています。

水素水の効果

 (15321)

水素水を飲用することで、水素摂取の最大の効果である活性酸素の除去と血流の改善により、脳細胞の働きを高めることが期待できます。そのため、認知症の原因である脳の委縮に対して、改善や進行を遅らせる効果があるとされています。

特にアルツハイマー型と脳血管性の認知症は多くの改善事例が報告されています。活性酸素を除去し動脈硬化のリスクを下げることができ、脳内の血栓のリスクを軽減することで認知症の方は改善がみられますし、正常な方は認知症の予防に効果が期待できます。
アルツハイマー病(認知症)は、年とともに記憶や思考能力が低下する病気ですが、その過程で活性酸素に脳の細胞が徐々に破壊される酸化ストレスも、その原因の一つだと考えられます。 アルツハイマー病(認知症)を予防する確証がある方法はまだ発見されていませんが、脳細胞の酸化ストレスを防ぐには、抗酸化作用がある物質が効果があると考えられます。

ところが脳には脳関門という仕組みがあり、この脳関門を抜ける力がある抗酸化物質は水素以外にはありません。 水素は分子なので容易に脳関門をくぐり抜け、酸化ストレスによる脳細胞の破壊を防ぎ、アルツハイマー病(認知症)の予防に役立つものとして期待されいます。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水素水で認知症予防!!

水素水で認知症予防!!

未だに治療法の確立されていない認知症。一度発症すると抑制や治療が非常に困難な病気です。しかし、水素水が認知症を抑制・予防に効果があると期待されています!!
shikiviolet | 507 view
認知症は水素水パワーで予防できる!

認知症は水素水パワーで予防できる!

厚生労働省研究班の調査では、65歳以上の高齢者のうち認知症になっている人は15%ほどもあるそうです。この認知症を水素水で予防できるのでしょうか?
ぽよん | 585 view
水素水で認知症予防

水素水で認知症予防

今回は高齢者がかかりやすいといわれる認知症が水素水で予防できるのか調べてみました。
ゆずみかん | 258 view
水素水の科学的効果が、すごい…

水素水の科学的効果が、すごい…

「水素水」いろいろと体にいいという情報は聞きますが、実際に本当なのでしょうか?
ろーちぇ | 763 view
医療分野も注目! 水素水のパワー

医療分野も注目! 水素水のパワー

医療分野でも注目されている水素水。さまざまな病気の予防や改善に役立つとされています。 どんな病気にいいのか、細かく見ていきましょう。
neko | 651 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kowkoku kowkoku