2015年10月28日 更新

水素水は脳疾患の原因【BBBの破壊】を抑制する

BBBとはblood-brain barrier(血液脳関門)の略です。脳は人間の活動維持のために重要な組織であるため、不必要なものが脳に侵入できない構造になっていますが、このBBBの破壊が脳疾患を誘発することが知られています。このBBBの破壊を水素水が食い止めてくれる可能性が出てきました。

BBB(血液脳関門)は大切な機能

脳は人間の活動や生命維持のために非常に重要な器官です。
そのために、不必要な物質が簡単に通過できないようなバリア機能が備わっています。
通行止め- - 無料で使えるフリー素材集 (2484)

血液と脳のあいだには「血液脳関門」と呼ばれる関所があって、血液中の物質を簡単には脳に通さないしくみになっている。
血液脳関門(BBB)は諸刃の剣である。BBBは、脳の血管と脳細胞の間での物質交換を制限する機構で、神経機能に最適な環境を常に維持するのに役立っている一方、BBBがあることでほとんどの薬剤が血流から脳内へ移行できないため、脳を対象とする治療において大きな障壁でもある。
BBBとはBlood Brain Barrierの頭文字を摂った略称で、血液と脳の組織液との間の物質交換を制限する機構です。脳に有害とされるものはここでしっかりせき止められます。
美容に必要なビタミンCは抗酸化物質として食品に添加して賞味期限を保つ働きをします。
しかし、ビタミンの分子量は176.12 g/molで水素の2 g/ molと比べても大きな分子であり、BBBを通過できないことが分かっています。
血液脳関門は、脊椎動物において、血液と脳(そして脊髄を含む中枢神経系)の組織液との間の物質交換を制限する機構で、これにより脳、脊髄の中枢神経は血液中の毒物、薬物から防御しているものです。

アルツハイマー病や神経感染症などの脳疾患は、BBBの破壊によって引き起こされる

頭を抱える女性 | INTERNET HACK (2485)

脳を守るためのBBBが破壊されると、脳疾患が引き起こされる
アルツハイマー病の原因の1つが血液脳関門(BBB)の破壊によるものではないかという話のようです。これまでは、血管の損傷がこの疾患の結果として起こると考えられていたようですが、BBBの破壊によって脳内へ炎症物質などが流入して悪さをするのではないかとのこと。
BBB構造が破綻すると、本来通過するはずのない物質が脳内毛細血管内皮を通過し、神経細胞に作用することとなります。

BBBの破綻が神経細胞に対し、慢性的/持続的刺激となり、細胞破壊が進むということを考えれば、脳神経細胞の破壊予防のために必要なことは『血管内皮/BBB構造の維持』が最も重要ということになります。
多発性硬化症をはじめとする自己免疫性中枢神経疾患や神経感染症では、破綻したBBBを経て単核球や炎症性サイトカインが炎症部位へ大量に動員される。
したがって、BBBの破綻防止やその修復は炎症性神経疾患の治療に向けての重要な戦略になり得る

水素はBBBを通過することができる

水素分子(H2)は通過上手 | 水素水ブログ (2486)

水素は小さな分子であるために、細胞の中まで浸透することができます。
もちろんBBBも通過することができます。
水素は細胞膜を通過できるので、細胞のすみずみまで浸透します。
脳内の「血液脳関門」も通過できます。脳内に到達できる抗酸化物質は水素だけです。
BBBを通過できる水素が脳内に到達すると、ヒドロキシラジカルへ選択的に反応してH2O(水)に変えてくれます。シンプルな化学反応ですし水素自体はありふれた気体ではありますが、脳内還元作用によるアルツハイマー病予防に効果的である
水素は物質の中では一番小さい分子なので、血液脳関門も容易に通過することができ、脳細胞に発生した活性酸素をその抗酸化作用で打ち消します。

また、水素水に含まれている水素は、脳細胞の活性酸素と反応した後はまったく無害な水になり、最終的には体外へ排出されます。

だから水素水が脳細胞に与える副作用といった悪影響もありません。

水素はBBB破壊を抑制する

ラットにおいて水素はBBBの破壊を抑制する可能性が報告されています。
BBBの破壊によって脳疾患が引き起こされるのであれば、水素水によって脳疾患が予防できるかもしれません。

Blood brain barrier breakdown as the starting point of cerebral small vessel disease? - New insights from a rat model. - PubMed - NCBI

Blood brain barrier breakdown as the starting point of cerebral small vessel disease? - New insights from a rat model.  - PubMed - NCBI
Exp Transl Stroke Med. 2013 Mar 14;5(1):4. doi: 10.1186/2040-7378-5-4.
論文では、脳卒中を起こしやすいラットにおいて、活性酸素がBBB組織を破壊することが神経細胞の破壊につながることを見つけたことです。そしてその破壊は初期には『海馬』に集中することを述べています。

BBBが活性酸素のターゲットの中心であり、水素による活性酸素除去によってBBB破壊を予防し、MMP活性を低下させ、神経を保護するという論文は大変興味深いものです。

水素水は脳にまで効果を発揮する希少な存在

水素水10L(内容量)24X24 活性酸素撃退の水 厚生省届出記号AIN 商品詳細|高濃度水素水販売店 株式会社 アイ・ネットコーポレーション (2487)

脳には有害(不必要)な物質が簡単に通過できないような関所である血液脳関門(BBB)が存在します。
BBBのおかげで脳は守られているものの、BBBがあるために治療のための薬物も行き届かないと言ったジレンマもあります。
最近このBBBの破壊が脳疾患の原因となることがわかってきました。
水素は小さな分子であるためにこのBBBを通過することができ、またBBB破壊を食い止める作用もあるようです。
さらに水素は副作用もないために、脳疾患の予防・改善には希少な存在といえるでしょう。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

血液脳関門(BBB)も通過!水素水は脳に効く

血液脳関門(BBB)も通過!水素水は脳に効く

脳梗塞や認知症などの脳にかかわる病気は、高齢化社会やストレス社会の今、大きく問題視されています。脳には分子量の大きな物質が通過できないような仕組みがありますが、水素なら小さい分子なので通過できます。水素水は脳に効果を示す可能性が示唆されています。
にんまり | 2,436 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

にんまり にんまり