2016年1月15日 更新

選ぶ水素水で効果が変わるってほんと?効果的な水素水の選び方とは?

水素水には様々な効果があると言われていますが、すべての水素水に効果が見られるというわけではありません。 中には全く効果が見られない粗悪品も含まれているようです。 ではどのような基準で水素水を選べば良いのでしょうか? 水素水を選ぶときのポイントについてお伝えしましょう。

水素水に巻き起こるある騒動とは?

水素水が健康や美容に効果があると話題に上っていますが、一方で、水素水の効果を疑問視する声も上がっています。
 (7296)

水素水が健康に良いという科学的根拠とは

水素水は2007年、日本医科大学大学院太田教授らの研究グループの論文が米国の医学雑誌「Nature Medicine」に掲載されたことがきっかけで、その医学的効果が知られるようになりました。

その後、医療現場で様々な疾患への活用が研究され、多くの効果が報告されています。
2007年に注目が集まった水素水はまだ10年も経っていないため、
マウス等での臨床試験が中心で人間での臨床試験は少ない状況です。

現段階では水素水は体に良いとマウス実験では結果が出ているけれど
人間では何に1番効果が出るのか?どのように効果が出るのかは
まだまだ研究段階なのですね。
厳密には医学的に証明されてはいません。
ただ、体調が良くなったとか痩せたという意見も
結構多く聞くので、統計学的に体質改善になっている
人が少なからずいるというのも事実。
マウスによる実験等で成果は見られるものの、まだ研究が進められている最中のようですね。

効果が見られない商品があるという声も

水素は地球上で最も軽い気体なので、水やその他の物質に溶かして含ませることは困難であり、短時間で空気中に放出・拡散されてしまうという性質を持っています。

水素はその性質から、ふたつでひとつの分子を形成しています。こういった理由から水素イオン(H+など)は水素とは呼ばれないのです。よく「活性水素水」という言葉を聞きますが、実際、科学的には「活性水素」という物質は存在しないことになっています。
市販されている商品の中には含有量を偽っている物や、水素の特性上、容器から抜け出てしまい飲む時には水素が含まれていないなんてことも多いということが解りました。
素が無色透明・無味無臭であるのをいいことに、じっさいは水素が入っていない水や水素サプリなどが水素商品として販売されているという問題も起きています。
十分な水素が含まれていない(残らない)商品の横行も指摘されています。水素水が空気に触れると、水素が抜けていってしまうといいます。長期間保存すると、容器によっては濃度が低くなってしまう場合があるようです。
水素水を巡る騒動の原因として考えられることは、

1 水素水が体に良いということについて、一定の成果は上がっているものの、科学的根拠はまだ検証段階である。

2 詐欺まがいの商品が横行していたり、容器に問題があり水素の濃度が著しく低い商品があったりする。

という、主に2点が上げられます。
これにより、水素水には本当に効果があるのかと疑問を呈する声が上がっているようなのです。
しかし、実際に効果を体感している方がいたり、マウスの実験では成果が見られたりと、正しい商品を選べば効果が期待できるというのもまた事実のようですね。

水素水の選び方って?

 (8349)

では、実際に水素水を選ぶとき、どのような点に注目して選ぶのが良いのでしょうか?

水素の濃度に注目する

水素水の選び方の一つとして、水素溶存濃度「水素水」で選ぶという方法があります。飲むときの水素濃度です。実際に飲む時どれくらいの溶存濃度なのかが問題です。製造時の水素濃度参考になりますが、せっかくの「水素」が「水素水」から抜けていたのでは何の効能もありません。
“水素の溶存の限界は1.57ppm”
“開封後・生成後はどんどん水素が逃げて抜けてしまう”

水素水を選ぶ時にはこの2つの前提を意識して選べば賢い選択と言えるでしょう。
水素水の効果を実感できる濃度については、多少意見にばらつきがありますが、おおむね、1.0ppmあればよいと言われています。
濃度1.0ppmと濃度1.2ppmでは実感できる効果に差がないという認識が多いからです。

開封時点で1.0ppmだとちょっと心元ないですが、開封時点で必ず1.57ppmを満たしていなくてもよいのです。
1.0ppmから1.57ppmの間にからだに取り込むことをポイントとしましょう。

容器に注目する

一般的に販売されているペットボトルタイプですが、こちらは水素が抜けやすいというデメリットがあります。ペットボトルを構成している分子よりも水素の分子の方が小さいため、徐々にペットボトルから水素が抜けてしまうというわけなんです。
水素はとっても逃げやすい性質があるため、水素を閉じ込めることができるアルミを使った容器に入っているものを選ぶことがコツです。
一般的に販売されている水素水の容器には、アルミパウチ・アルミボトル缶・ペットボトルがありますが、最も水素が抜けにくいのはアルミパウチ。週刊文春の調査で水素濃度が1ppm前後まで測定できたのは、どれもアルミパウチ製品となっています。
ペットボトルは水素を透過しやすいため、保存は困難。水素スティックは家庭で手軽に水素水を作れますが、濃度が変化しやすく長期間の保存には向かないようです。サーバーは高濃度の水素水を生成できるのが魅力。

ただし、価格が高く、定期メンテナンスや置き場所が必要になるのがデメリットです。

メーカーに注目する

悪徳業者やインチキ商法を行っている会社は、効果がないただの水を高く売りつけるために、皆が関心を持っていることや、悩みを解消できるかのような広告をうたい文句に皆を騙しています。なかには、体験談や利用者の写真まで載っているので、何も知識がない人やお年寄りは、信じてしまいますよね。
【信頼できる水素水業者とは】

・水に対しての専門性が高く、歴史がある
・売っておしまいではなく、メンテナンスやサービスの満足度が高い
・・コストパフォーマンスが良い 
・水素を長く充填させる工夫がされていること
水素水は体感を伴うものです。だからこそ、多くの人が水素を体感してファンになっているメーカーの水素水には、一定量以上の水素が入っていて効果が期待できると考えられます。
逆に、
「当社の水素はほかの水素とは(種類が)違う」
「この水素水は水素が抜けにくい」
「煮物などの料理に使っても大丈夫」
など、根拠のない宣伝コピーがある水素水は、選ばない方が良いでしょう。
なぜなら『水素は水素』なのでメーカーによって性質が変わることはないからです。
水素水を選ぶときは、水素の濃度と容器に着目して選びましょう。
詐欺まがいの商品や高額な商品には注意が必要です。
信頼できるメーカーの物を選びましょう。

最後に

 (8354)

水素水には様々なメーカーのものがあり、品質も一定ではありません。
ですから、水素水の効果を体感するためには良い品質の商品を選ぶことが大切です。
今回ご紹介した記事を、水素水を選ぶときの参考にしてみてくださいね。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水素水には種類がある?選び方の基準って?

水素水には種類がある?選び方の基準って?

今話題の水素水ですが、これには種類があります。それぞれちがった製造方法などにより作られているために異なった水素水が完成されるということになります。さてえ、その水素水を選ぶ際に設ける基準って気になりませんか?どれが良くてどれが悪いのかなんて、見た目では判断できません。そのようなときに役立つ情報を提供させていただきます。
j.pipipi_luv | 346 view
今話題の水素水!体にどのような影響がある?

今話題の水素水!体にどのような影響がある?

今話題の水素水ですが、一体、体にどのような影響をもたらすのでしょうか?良い影響?はたまた悪い影響?予想が付かないこの水素水の影響力とはなにでしょうか?ぜひこれを機会により深く知識として知っておきましょう。
j.pipipi_luv | 269 view
水素水は難病にも効果的ってほんと?

水素水は難病にも効果的ってほんと?

健康に良いとされる水素水。 実は未だ治療法が解明されていないような難病にも効くって知ってましたか?
sora | 635 view
水素水の科学的効果が、すごい…

水素水の科学的効果が、すごい…

「水素水」いろいろと体にいいという情報は聞きますが、実際に本当なのでしょうか?
ろーちぇ | 758 view
【ニュースで話題】藤原紀香も愛飲の水素水。【国民生活センターも注意喚起】効果なしかも…!?

【ニュースで話題】藤原紀香も愛飲の水素水。【国民生活センターも注意喚起】効果なしかも…!?

有名人も愛用していることで有名な水素水。けれど、最近は「実は全く効果なしなのではないか」と言われ始めているんです。最近ではSNSに水素水に対して否定的なコメントがあったり…。本当のところはどうなのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sora sora