2016年1月8日 更新

水素水風呂の効能?

水素水風呂って具体的になにがいいの?調べてみました。

水素水風呂の効能

1.活性酸素の除去

 (9415)

活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素があり、善玉活性酸素は人間の体に必要なもので、体内で細菌やウィルスを退治してくれるのですが、悪玉活性酸素は細胞を無差別に攻撃し、老化を早めたり、ガンを始めとする様々な病気の大きな一因となっている、人間の体にとっては非常に「ありがたくないもの」です。

水素は、活性酸素の中でも、最も細胞に悪い影響を与えている悪玉活性酸素「ヒドロキシラジカル」のみを消去し、細胞機能にも関係しているスーパーオキシドや過酸化水素は消去しません。

体内に水素を取り込むと、水素が、この悪玉活性酸素とくっついて、ただの水にしてしまうため、悪玉活性酸素をかなり減らすことができます。水になった後は、尿や汗となって体外に排出されます。

この効果が、「水素が体に良い」と言われる最大の理由です。
お風呂にはいっているだけで、悪い細胞を除去できるのは簡単で嬉しいですねo(^o^)o

2.身体のすみずみに行き渡る

 (9425)

水素風呂に入れば、お風呂に浸かった瞬間から、水素がお肌へと浸透していきます。飲む水素水とは違い、お肌に直接浸透させられる点が魅力です!
お風呂にはいったらすぐに吸収されるので時間がかからず健康で美しくなれるのはとても魅力的ですね!

3.飲むより水素を吸収できる

 (9427)

より多く水素を体に取り込めるのはどちらか、といえば、これは水素風呂の方が圧倒的に多いようです。

水素水の場合、飲むものですから胃や腸から吸収された水素が血液を通じて体を循環するという形になりますが、水素風呂の場合、水素自体が地球で一番小さな物質と言われるほど小さいものなので、肌からも体内に入っていきます。

そして風呂場に放出された水素が呼吸によっても体内に入っていきます。

何より、風呂は毎日のことなので忘れるということがありません。一つの機械で、家族全員が使えるということもありがたいですね。
より水素の効能を得たい人は是非水素風呂を試してみてはいかがでしょうか?

4.肌がきれいになる

 (9430)

活性酸素が生じてしまうと肌のターンオーバーが低下する、コラーゲンが傷つけられてしまうといったことが起こります。ターンオーバーが乱れてしまうと紫外線によって生成されたメラニンがなかなか排出されません。これがシミの原因。さらにコラーゲンが傷つくと肌のハリに衰えが出てきてしまいシワになるというわけです。肌の大敵である活性酸素を水素水で除去して美しい肌を手に入れましょう。
水素風呂に入って肌を艶々にして心身共にリラックスしましょう!

まとめ

水素風呂には、水素水を飲むメリットとは別のとてもよいメリットが複数あることがわかりました!是非水素風呂を試してみてはいかがでしょうか?
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【美容にメリットあり】水素水に秘められたパワー♪

【美容にメリットあり】水素水に秘められたパワー♪

数年前からテレビなどのメディアで水素水に関する話題をよく耳にするようになりました。実は水素水には美容に関する多くのメリットあるのです。その水素水に秘められたパワーについて調べてみました。
いち | 364 view
糖尿病にも効果的!!水素水が糖尿病に効果がある理由とは?

糖尿病にも効果的!!水素水が糖尿病に効果がある理由とは?

今流行の水素水。現在様臨床試験等により様々な効果がある事が発見されています。そして、難病である糖尿病にも効果があることが発見されました。そのメカニズムをご紹介いたします。
shikiviolet | 201 view
浸かるだけで美肌効果!?水素風呂の効果とは?

浸かるだけで美肌効果!?水素風呂の効果とは?

美肌やアンチエイジングにとても効果を発揮する水素水。今回は、浸かるだけで効果的な水素風呂についてご紹介いたします。
shikiviolet | 569 view
自宅で簡単に水素水を作る方法とは?

自宅で簡単に水素水を作る方法とは?

最近話題の水素水。主にボトルが主流に販売していますが、しかし、自宅でも簡単に水素水を作る方法があるのです!自宅で水素水を簡単に作る方法をご紹介いたします!
shikiviolet | 519 view
デマに惑わされてはなりません!水素水のメリット・デメリット

デマに惑わされてはなりません!水素水のメリット・デメリット

最近様々な効果が囁かれている水素水。しかし、中にはデマの情報が合ったりもします。今回は、水素水のメリットやデメリット、効果や副作用についてご紹介いたします。
shikiviolet | 3,191 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ゆずみかん ゆずみかん