2016年1月31日 更新

あなたの口臭は大丈夫ですか?口腔ケアにも効果あり?水素水で口臭や歯周病を予防しよう!

自分では気が付きにくい口臭や知らないうちに症状が進む歯周病。お口のトラブル気になりませんか?人気の水素水は口腔ケアにも効果があるんです!

意外と気が付きにくいのがお口のトラブルです。最近では息がバラの臭いになるなどのサプリメントも販売されていますが、口臭は相手を不快にさせてしまいます。また「息が匂います」とはなかなか言えるものではありません。
美容や健康効果で注目されている水素水にはそんなお口のトラブルを予防する効果もあるんです。水素水で口腔ケアを始めてみてはどうでしょうか。

口臭の原因は?

 (19223)

自分では気が付きにくい口臭には、生理的口臭を病的口臭があります。
口臭の原因は生理的口臭と病的口臭に大別され、対処法もそれぞれ違ってきます。

生理的口臭とは、食べ物を口にした時の食べかすや、ニンニクなどの匂い。タバコやアルコールを摂取した時の匂いといえばわかりやすいですね。

病的口臭とは、虫歯や歯周病をはじめとして、蓄膿症や糖尿病、肝臓病などからくる口臭のことです。

特に歯周病の場合はキツイ悪臭であることが多く、程度の違いはあると思いますが30歳以上の成人の約80%が歯周病と言われているので気になる人は少なくないでしょう。
口の中の食べカス、はがれた粘膜細胞、歯周ポケットから滲み出した液体などにはたんぱく質が含まれています。そのたんぱく質を歯垢(プラーク)や舌苔、唾液の中にいる細菌が分解することで、口臭(揮発性硫黄化合物)が生まれます。

口臭は唾液分泌が減少し細菌が増殖して口の中が不潔になると発生します。また起床時や空腹時、ストレスを感じているときなどに強くなります。
一般的には、口臭のある人は年齢とともに多くなる傾向が認められます。これは、口臭の原因である歯周病にかかる人の割合が増えること、また、むし歯や歯周病で歯がなくなり入れ歯の使用者が増えること、さらに、唾液の分泌が少なくなってくること等が関係していると考えられています。年をとってくると歯磨きや入れ歯の手入れ、また舌の清掃がだんだんおろそかになり、口の中が汚れてくることも影響すると考えられます。高齢で寝たきりになって歯磨きが自分でできなくなった場合、家族などが口腔ケアをしてあげないと口臭は非常に強くなります。どのような年齢においても、常にお口の中を清潔にしておくことが口臭予防には大切です。
生理的口臭は食べ物やタバコなどが原因となりますが、病的口臭は虫歯や歯周病などお口のトラブルの他、便秘や糖尿病などがあります。
特に歯周病は本人が気づかないうちに進行するため、気づいた時には重度の歯周病ということもあります。

歯周病とは?

 (19228)

歯周病は歯の周りの骨が溶け、最終的には歯が抜けてしまう病気です。そしてこの歯周病はサイレント・ディジーズ(静かなる病気)と呼ばれ、症状がないままに病状が進行してしまう病気でもあります。痛みや歯の揺れが出て気づくころには重症になっていることが多いのです。
歯周病になると、歯ぐきの赤みや腫れ、出血、口臭といった症状が起こります。症状が重くなった場合、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまい、最終的には歯が抜けてしまうこともあるのです。

歯周病が原因で歯が抜けてしまうと、噛む力が弱くなり、食べられるものの種類が限られてしまいます。

また、歯の本数が減ると、食事をおいしいと感じにくくなり、栄養状態にも影響が出てしまいがちです。

歯を失うことは、生活の質やお口の健康に、大きな影響を与えるのです。

どうして歯周病になるのでしょう?

 (19225)

歯周病の原因は歯周ポケットにひそむ細菌

歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)では、歯周病菌が巣(バイオフィルム)をつくって繁殖し、この巣から出る毒素によって歯ぐきに炎症が起こり、歯周病につながります。

歯周病菌の巣がバリアとなり、なかなか殺菌できなくなってしまいます。
そんなときは薬用成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)配合のハミガキやデンタルリンスを使えば、歯周病菌の巣の中まで浸透殺菌することができます。
歯が十分に磨けていないと、歯垢(プラーク)という細菌の集まりが歯と歯ぐきの間の溝にたまります。歯周病はこの細菌が繁殖することで起こります。歯ぐきが赤くブヨブヨとした感じになったり、出血しやすくなるのは、細菌による毒素によって炎症を起こしているからです。
歯垢を放っておくとやがて石灰化し歯石へと変化します。歯石は歯みがきなどでは取り除けないため、歯科医でとってもらわなければなりません。歯垢や歯石をためていると歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなり、さらに歯垢がたまりやすくなって、歯周病を進行させる要因になります。
歯肉炎から歯周炎へと移行すると膿が出て口臭の原因になる、歯槽骨が溶け支えられなくなった歯が抜け落ちてしまうなどの症状が進みます。
ストレスや喫煙などの生活習慣や、糖尿病などの病気によって免疫機能が落ちていると、病気は進行しやすくなります。

水素水でお口のトラブルを解消!

 (19226)

水素水は病的口臭に効果があります。
痛みが出ることがほとんどなく、気付かないうちに進行する歯の病気「歯周病」。日本人が歯を失う原因の第一位です。日本人の半数、30歳以上の80%がかかっていると言われ、その7~8割が治療せずに放置されていると推定されます。この歯周病にも、水素水・水素が有用だと言われています。
水素水を摂取することで血液中の活性酸素の増加を抑え、歯周病の進行を抑制する効果があります。歯周病が進行に活性酸素が関係しているので水素水は口腔内の活性酸素だけでなく全身の炎症を抑えることができることから、歯周病予防効果が注目されています。また水素水を2,3ヵ月継続して飲んでいると、口臭が気にならなくなるといった声もよく聞きます。
口臭には生理的口臭と病的口臭があり、水素水は病的口臭に効果があるようです。病的口臭の原因には虫歯や歯周病、ドライマウス、便秘や糖尿病などがあります。
唾液の分泌量が少ないとドライマウスになります。唾液は細菌から口の中を守る働きをしているため、減少すると細菌が増えて口臭の原因となってしまいます。さらに口の中を虫歯や歯周病になりやすい環境にしてしまうのです。水分補給として水素水を飲むことでドライマウスが改善され、口臭の原因となる虫歯や歯周病を予防してくれます。
便秘になると老廃物や不純物が腸の中に溜まるためガスが発生します。ガスは腸壁から血液へ流れ込み体中を巡って口臭や体臭として外へ排出されるのです。水素水には便秘で発生した悪玉活性酸素を除去する力があるため、腸内環境を整えて口臭の原因となる便秘を改善してくれます。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

実は怖い病気!歯周病。水素水で口腔ケア。

実は怖い病気!歯周病。水素水で口腔ケア。

歯周病はそれだけでも恐ろしい病気ですが糖尿病や肺炎・心臓病を引き起こす原因になるといわれています。そんな歯周病を水素水の酵素が予防することができるようです。まとめてみました。
sawaco | 591 view
水素水の活性酸素除去パワーが白内障を予防する

水素水の活性酸素除去パワーが白内障を予防する

白内障は老化による活性酸素の発生が原因であると言われています。実は水素水には、この活性酸素を除去する力があるのです。
ぽよん | 1,098 view
水素水が腎臓病を予防するって本当?

水素水が腎臓病を予防するって本当?

腎臓病は不治の病と言われたほど恐ろしい病気です。この腎臓病の治療の研究に現在、水素水が使われています。どのような期待が持たれているのでしょうか?
ぽよん | 1,597 view
髪まで健康にしてくれる水素水

髪まで健康にしてくれる水素水

水素水パワーを得る方法は飲むだけではありません。実は髪の毛にも良い影響があるんです。ここでは水素水と髪の関係について調べてみます。
ぽよん | 712 view
水素水で口臭・加齢臭を予防しよう!

水素水で口臭・加齢臭を予防しよう!

体臭がキツくなってしまう原因の一つに活性酸素がありますが、水素水には活性酸素を除去作用を促す効果があるのです。今回はその点について調べてみました。
ぽよん | 421 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hana06 hana06