2015年11月24日 更新

多くの病気を引き起こす元凶!<動脈硬化>には水素水が効果あり!ってご存知でしたか?

動脈硬化は恐ろしいです。多くの病気に繋がる訳で、一番気をつけなくてはいけないのかも知れませんね。血管が詰まってしまったら体の機能はそれでストップ!水素水で動脈硬化対策を!

生活習慣病の一つとして動脈硬化という言葉をよく耳にすると思います。毎日の生活に気をつけていても、ある日血管が詰まってしまい!と言う事がある訳です。一度動脈硬化になってしまうと本当に大変な事になります。水素水で動脈硬化にならないように気をつけましょう!

動脈硬化と活性酸素

 (4644)

動脈硬化は血管の老化現象と呼ばれていることから、老化を引き起こす活性酸素が原因であるということは何となく予想がつきますね。 動脈硬化が進行すると、生活習慣病や心疾患・脳疾患に繋がることから、予防が望ましいのですが、食習慣などのバランスが崩れて悪玉コレステロールが増えすぎると血管を詰まらせ、動脈硬化を進行させるのです。

この際、悪玉コレステロールを排除しようとして免疫システムが働きます。心筋梗塞同様に、身体に何か悪いことが起こると免疫システムが働くようになるのですが、この際に活性酸素が生まれてしまうのです。

動脈硬化ってどうして起こるの?

 (4643)

動脈硬化とは、血管壁が硬くもろくなることをいいます。血管の伸縮性が失われるとともに、血管内腔が狭くなるため血液の循環機能が低下し、多くの病気を引き起こす元凶となります。

動脈硬化によって引き起こされる病気は『高血圧』『脳梗塞』『脳溢血』『心筋梗塞』『狭心症』など多くの生活習慣病、『閉塞性動脈硬化症』『慢性腎臓病』などです。

動脈硬化のプロセス

 (4645)

『動脈硬化』になるプロセスには、『高脂血症』や『糖尿病』、『高血圧』が引き金となって動脈の内壁(内膜)が傷つき、そこに脂質や泡沫細胞が沈着し、血管壁を持ち上げる粥状の塊(アテローム性プラーク)ができる「アテローム性動脈硬化」や「細動脈硬化」と、血液中のカルシウムが動脈の中膜に沈着し、石灰化することによって起こる「カルシウムパラドックス型動脈硬化(中膜硬化)」があります。
 (4646)

①高カロリーの食事や運動不足により、過剰なLDLコレステロールが発生。いわゆるドロドロ血液状態になる。

②過剰なLDLコレステロールが血管壁面に張りつき、内皮細胞の間を通り抜けて内膜に入る。

③活性酸素がLDLコレステロールを酸化させ、変性LDL(酸化LDL、過酸化脂質)となる。

④血管内壁内のマクロファージが変性LDLを取込み、血管内に蓄積していき、少しずつ血管を詰まらせていく。

⑤詰まった血管は血管壁の弾力性を失い、硬くて脆くて切れやすい状態になる。

こうして動脈硬化を引き起こした血管は、傷ついたり、破断したりするたびに、血小板による修復を受けるのですが、その修復時の血の塊(血栓)が血管から剥がれて脳の血管を詰まらせると脳梗塞を引き起こします。

コレステロール自体は悪くない

コレステロール自体はホルモンや細胞膜を作る非常い大切な材料です。不足すると大変です。 これを血液に乗って全身で運んで回る運搬係がLDLというリポ蛋白。LDLが過剰になった時に回収して運ぶのがHDLというリポ蛋白です。

ところが、LDLが増えすぎてHDLの回収が難しくなると、LDLが滞って動脈の内側にへばりつき、活性酸素の為に酸化していきます。 これがいわゆる悪玉コレステロールです。(LDL自体が悪玉なのではありません。)

活性酸素を取り除くことが一番大事。

 (4647)

こうして狭くなった動脈は、だんだん固くなり、つまったり破裂しやすくなったりします。動脈硬化は発生する部分によって症状や重度が異なり、足の動脈に起きると閉館性動脈硬化といい、足のしびれや痛みが起きます。

脳の血管で発生すれば脳梗塞、心臓で起きれば心筋梗塞です。いずれも命に係わる重病ですが、元をただせばLDLが活性酸素によって酸化することが根本的な原因なのです。

したがって、水素を体内にとりいれることによって、その根本を取り除くことができるといえるでしょう。

動脈硬化と水素

 (4648)

マウスによる研究では、動脈硬化が促進されるマウスに水素水を飲ませたところ、動脈硬化の進行が抑制されたという結果が出ています。また、マウスにその他の抗酸化作用を持つ物質(ビタミンE・α-リボ酸・葉酸)などを与えた場合と比較したところ、水素水の方が動脈硬化の抑制効果が高いことが判明しているのです。

ただ、動脈硬化の予防に限らず、水素水を予防に使用する際に最も重要なことは、“継続”です。上記の実験の結果から判るように、水素は他の抗酸化物質を凌ぐパワーがありますが、体内に留まることができないという特性があります。ですから、水素水を予防として飲用する場合は、こまめにかつ継続的に飲むことが望ましいとされているのです。

水素水は動脈硬化を予防・改善する効果があります。

 (4649)

動脈硬化は、静かなる殺し屋(サイレン卜・キラー)とも言われています。動脈硬化には自覚症状がなく、ある日突然心筋梗塞や脳梗塞を起こして、初めて動脈硬化に気づくということもあります。

また、糖尿病や高血圧も動脈硬化を進みやすくしてしまいます。 動脈硬化を防ぐには、悪玉コレステロールが活性酸素に酸化され過酸化脂質に変わることを防ぐことが重要です。

水素水を飲むことで、水素が体全体の血管の中に行き渡り、活性酸素による動脈硬化の発生を予防したり改善したりします。

水素水の効果効能

 (4650)

過酸化脂質が増加した酸化LDLや酸化された不飽和脂肪酸を含む酸化LDLは、 血管内皮細胞を障害し、動脈硬化をきたしたり、血栓を作りやすい体質にし、その結果、心筋梗塞や脳梗塞の発症が促されます。

そのため、水素水を飲用することで、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の一因となる活性酸素を除去できるため、 これらの予防につながります。

有用な治療法

水素水に含まれる水素分子は、結紮虚血部位に速やかに運ばれ、血流の回復に利用されることから、再潅流による梗塞部位の傷害を軽減する有用な治療法として認められています。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水素水に動脈硬化を予防する力はあるのか?

水素水に動脈硬化を予防する力はあるのか?

沈黙の殺人者と呼ばれる動脈硬化は日本人の死因の3割を占めます。動脈硬化予防のために水素水が役立つのか?調べてみました。
ぽよん | 700 view
生活習慣病を水素水で華麗に予防しよう!

生活習慣病を水素水で華麗に予防しよう!

生活習慣病を予防するには適度な運動ときちんとした食生活と言われています。そこに水素水を加えたらどうなるでしょうか?調べてみました。
ぽよん | 557 view
水素水による高血圧の予防と効能

水素水による高血圧の予防と効能

高血圧の何たるかをまとめ、その予防につながる水素水(水素)についてまとめました。
kdygr760 | 512 view
医療分野も注目! 水素水のパワー

医療分野も注目! 水素水のパワー

医療分野でも注目されている水素水。さまざまな病気の予防や改善に役立つとされています。 どんな病気にいいのか、細かく見ていきましょう。
neko | 696 view
〈こんな病気の予防に?〉水素水と心筋梗塞の深い関係。

〈こんな病気の予防に?〉水素水と心筋梗塞の深い関係。

働き盛りの年代に注意が必要な病気〈心筋梗塞〉突然なることが多いんですが、水素水がその予防になるようです。調べてみました。
sawaco | 1,508 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

suisui suisui