2016年2月12日 更新

腎臓病には気をつけたいものです。水素水で予防してください。

肝臓病は顔色が青白くなり、体がだるくなったりいろいろな症状が出てくるようです。そこからいろいろな病気に進行する事も考えられます。水素水で予防しておきましょう。

腎臓病の症状にむくみがあります.毎日疲れて帰って来てやっとくつろげると靴下を脱ぐと、靴下のゴムのあとがクッキリと言う事があると思います。自分の足が紐で締め付けられた肉のようになっていて、そしてなかなか元には戻らない、と言う事を経験している人も沢山いると思います。自分の足ってこんなにむくんでいたっけ?と、とても不安になってしまいます。

ネットで腎臓病の症状の画像などを見ると、そんなむくんだ足の写真などが紹介されています。自分の足と同じだと思うと、自分ももしかしたら腎臓病なのかな?と悩んでしまいますね。本当に腎臓病のむくみなのか?それともただ一日中立ちっぱなしや座りっぱなしだったせいのむくみなのか?判断するには病院に行くしかないのかも知れません。

腎臓病なのかは分からないにしても身体がむくむ事は良くない事です。水素水は腎臓病に効果があると言われていて医学学会でも発表されているぐらいです。そんな水素水を飲んで腎臓病にならないように予防をしておいた方がいいですね。腎臓病にならないように、そして腎臓病であった場合でも少しでも和らげる為にも。

腎臓病とは?

 (21569)

腎臓病は、腎臓の糸球体や尿細管が冒されることで、腎臓の働きが悪くなる病気です。腎臓病にはさまざまな種類があり、それぞれの原因や症状も異なります。

腎臓の機能はいちど失われると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります(急性腎不全の場合は機能が回復することもあります)。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせたりすることが可能になりました。

急性腎不全と慢性腎不全

腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると腎不全といわれる状態になります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。

急性腎不全では、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、腎臓の機能が回復する可能性があります。多くの場合、入院して治療を受けることになります。一方、慢性腎不全では、腎不全の進行に伴って腎臓の機能が徐々に失われ、失われた腎機能が回復する見込みはほとんどありません。

腎臓病の症状

 (21568)

腎臓病の主な症状として、たんぱく尿、血尿、むくみ(浮腫)、高血圧、尿量の変化などがみられます。腎臓病が著しく進行すると、尿毒症という深刻な状況になります。

これらの症状はすべてが出現するとは限らず、軽度のうちは顕著ではないため、現れても見過ごされがちです。また、慢性で徐々に進行した場合には、自覚症状に乏しいということもしばしばあります。そのために発見が遅れ、気がついたときには腎不全が進行してすでに慢性腎不全の状態、透析導入の一歩手前というケースも珍しくありません。

自覚症状がありません

腎臓病の初期には、自覚症状がありません。肉眼的に尿の異常がわかるのもまれで、腎炎は10年以上にわたって無症状で経過します。定期的に尿検査を受けるようにしましょう。

慢性腎不全になると、体内の老廃物を尿中に排泄できなくなって血液中に有害な物質が多くなったり、逆に、体に必要な成分が尿中に排泄されたりします。また、水分や電解質・血圧の調節もできなくなり、むくみが現れたり血圧が高くなることもあります。赤血球の産生を刺激するホルモンであるエリスロポエチンが不足し、貧血を引き起こすこともあります。

治療を続けることで自覚症状は消えますが、進行すると腎臓の機能が回復しなくなり、ほとんど全身の臓器に異常をきたし、多彩な症状がでてきます。

水素水の効果は医学会で実証され始めています。

 (21570)

腎臓の機能不全に対する回復効果が話題となり、多くの医療 関係者の間で 注目されて物議を醸し出しています。 現代の医療技術では腎臓移植しか回復の見込みが無かった重度の 腎臓病患者が、 水素水の飲用を続けることによってその腎臓の 機能を回復させるなどの、 奇跡と言っても過言で無いほどの、 驚くべき効果が医学会で実証され始めています。

薄い尿が腎臓の負担を軽減

老廃物の入った汚れた血液は腎臓でろ過されて、汚れのないきれいな血液となり、また身体をめぐります。腎臓に残った老廃物は尿となって体外に排出されます。 腎臓が一分間に作る尿の量は約1mlといわれていますから、1日=24時間×60分=144分1日に1440mlの尿が作られることになります。

1日では約7回の排尿をすることになります。 積極的に水素水を飲んだ場合は、もっと頻繁に排尿することになり、老廃物の薄い尿ができるのです。この薄い尿が腎臓の負担を軽減しています。

水素を体内に取り込むと排尿量が上がる

 (21571)

via goo.gl
水素水を飲んだことがある人はわかると思いますが、水素を体内に取り込むと排尿量がぐ~んと上がります。これ血液中の毒素や活性酸素などを水素が無害な水へと変えて尿として排出させるデトックス作用が働いているからです。

回数の少ない濃い尿よりも、回数の多い薄い尿を出すようにしたほうが腎臓への負担も少なく健康的と言えますし、毒素が消えてサラサラな血液となった状態を維持できるようになることから今後の腎臓の働きについても活性化させていくことができるようになります。

水をたくさん飲めないなら水素サプリメントを

水素水をたくさん飲めない、水をたくさん飲めない方におすすめなのが水素サプリです。水を意識して一日1リットル前後の水を飲むことは方らにいいといわれていますが、高齢者の方や人工透析をされている方など、水を一度に適切な量を飲めない方もいらっしゃいます。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水素水が腎臓病を予防するって本当?

水素水が腎臓病を予防するって本当?

腎臓病は不治の病と言われたほど恐ろしい病気です。この腎臓病の治療の研究に現在、水素水が使われています。どのような期待が持たれているのでしょうか?
ぽよん | 1,682 view
水素水で認知症予防!!

水素水で認知症予防!!

未だに治療法の確立されていない認知症。一度発症すると抑制や治療が非常に困難な病気です。しかし、水素水が認知症を抑制・予防に効果があると期待されています!!
shikiviolet | 587 view
水素水でできるリウマチの抑制と予防

水素水でできるリウマチの抑制と予防

年を取ると悩む方も多い関節リウマチ。一度発症すると完治はとても難しいこの病気。しかし、近年の研究で関節リウマチに水素水が効果を発揮することがわかってきたのです。
shikiviolet | 721 view
水素水でできる心筋梗塞予防

水素水でできる心筋梗塞予防

生活習慣病の1つとも言われる心筋梗塞。なんの兆候もなくいきなり発作が起こり亡くなる方も多い様です。今回は予防の効果が期待できる水素水をご紹介いたします。
shikiviolet | 495 view
水素水の活性酸素除去パワーが白内障を予防する

水素水の活性酸素除去パワーが白内障を予防する

白内障は老化による活性酸素の発生が原因であると言われています。実は水素水には、この活性酸素を除去する力があるのです。
ぽよん | 1,163 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kowkoku kowkoku