2016年2月1日 更新

食事療法が何よりも有効と言われている腎臓病。水素水も効果あります。

腎臓病に苦しんでいる方も多いと思います。食事療法が一番良いのですが、なかなかできないと言う方は水素水を試してみてはいかがでしょうか?腎臓病が楽になるかも知れませんよ。

最近、テレビや雑誌などで話題になっている、水素水。
水素水には、人体の活性酸素を抑制したり、酸化による損傷を修復を促進する効果があると言われていて、 病気の予防、美容やダイエット、アンチエイジング効果など、様々な面で効果が期待できる水として 健康分野、医療分野からも大きく注目され、関連商品も多く見かけるようになってきました。

腎臓病とは?

 (19356)

腎臓病は、その名の通り、腎臓のはたらきが悪くなる病気です。腎臓は体の中の毒素や老廃物の除去、水分の調節といった、生命を維持し、身体の環境を一定に保つ大切な役割を担っており、腎臓に問題が起こると身体中にさまざまな影響がでます。

一度失われた腎臓の機能は、多くの場合は回復することがなく、慢性の腎不全となります(急性の腎臓機能障害の場合など、例外はあります)。さらに腎臓の機能が低下し腎不全が進行すると、体の中に老廃物がたまり、尿毒症の症状が現れます。たまった老廃物を取り除くためには、腹膜透析(PD)や血液透析(HD)といった透析療法、あるいは移植といったなんらかの腎代替療法が必要になります。

不治の病?

一時は「不治の病」とも呼ばれた腎臓病ですが、近年の治療技術の進歩によって、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能の低下を防いだり、進行を遅らせたりできるようになりました。

また、透析をめぐる技術や環境も進化を続けており、透析に入る前の生活とそれほど大きな隔たりなく透析生活を過ごすことのできる治療の選択肢も増えてきました。

腎臓病の症状

 (19357)

腎臓病の初期には、自覚症状がありません。肉眼的に尿の異常がわかるのもまれで、腎炎は10年以上にわたって無症状で経過します。定期的に尿検査を受けるようにしましょう。

慢性腎不全になると、体内の老廃物を尿中に排泄できなくなって血液中に有害な物質が多くなったり、逆に、体に必要な成分が尿中に排泄されたりします。また、水分や電解質・血圧の調節もできなくなり、むくみが現れたり血圧が高くなることもあります。赤血球の産生を刺激するホルモンであるエリスロポエチンが不足し、貧血を引き起こすこともあります。

治療を続けることで自覚症状は消えますが、進行すると腎臓の機能が回復しなくなり、ほとんど全身の臓器に異常をきたし、多彩な症状がでてきます。

日常生活の注意

・規則正しい生活を心掛けましょう
寝たきりの安静をとる必要はありませんが、疲労を翌日まで残さないようにしましょう。旅行を計画する場合やスポーツに参加するときには、医師の指示を受けましょう。水泳や登山などの激しいスポーツは禁止します。

・風邪の予防に心掛けましょう
健康時に比べて全身の抵抗力が落ちています。人ごみを避け、外出後は手洗いやうがいをし、のどの痛み・咳・頭痛も軽く見ないで、早目に受診しましょう。

・体重、血圧、飲水量と尿量を、日常的に測定するようにしましょう
自分自身を客観的にみることで、異常を早目に発見できます。

腎臓病に対する水素水の効果

 (19358)

腎臓の機能不全に対する回復効果が話題となり、多くの医療 関係者の間で 注目されて物議を醸し出しています。 現代の医療技術では腎臓移植しか回復の見込みが無かった重度の 腎臓病患者が、 水素水の飲用を続けることによってその腎臓の 機能を回復させるなどの、 奇跡と言っても過言で無いほどの、 驚くべき効果が医学会で実証され始めています。

腎臓の負担軽減に水素水は有効

老廃物の入った汚れた血液は腎臓でろ過されて、汚れのないきれいな血液となり、また身体をめぐります。腎臓に残った老廃物は尿となって体外に排出されます。

腎臓が一分間に作る尿の量は約1mlといわれていますから、1日=24時間×60分=144分1日に1440mlの尿が作られることになります。1日では約7回の排尿をすることになります。積極的に水素水を飲んだ場合は、もっと頻繁に排尿することになり、老廃物の薄い尿ができるのです。この薄い尿が腎臓の負担を軽減しています。

水素を体内に取り込むと排尿量が上がる

 (19359)

水素水を飲んだことがある人はわかると思いますが、水素を体内に取り込むと排尿量がぐ~んと上がります。これ血液中の毒素や活性酸素などを水素が無害な水へと変えて尿として排出させるデトックス作用が働いているからです。

回数の少ない濃い尿よりも、回数の多い薄い尿を出すようにしたほうが腎臓への負担も少なく健康的と言えますし、毒素が消えてサラサラな血液となった状態を維持できるようになることから今後の腎臓の働きについても活性化させていくことができるようになります。

水をたくさん飲めない方に水素サプリメント

水素水をたくさん飲めない、水をたくさん飲めない方におすすめなのが水素サプリです。水を意識して一日1リットル前後の水を飲むことは方らにいいといわれていますが、高齢者の方や人工透析をされている方など、水を一度に適切な量を飲めない方もいらっしゃいます。
自覚症状がないまま腎臓病になっていくのですが、このような病気が一番怖いですね。少しづつ兆候が感じられるなら、その都度注意して生活していればいいのですが、自覚症状がないと言う事はいつまでも気がつく事もなく生活をする事になり、ある日突然腎臓が!と言う事になる訳です。腎臓が悪くなると身体のあちらこちらの臓器にも影響を与えるわけで、気がつく前に病院に行って検査を受けた方がいいのかもしれませんね。

腎臓だけの不具合だけでも身体に不調を感じるようになるわけです。腎臓を軸にあらゆる不調が連鎖的に続き、そして最後には大変な事になってしまいます。腎臓についてあまり考える事はないと思いますが、ちょっと気にしておいた方がいいと思います。

そんな腎臓病には水素水が効果があります、健康にも美容にも効果のある水素水ですから腎臓病にも効果があると言う事は当然なのかも知れません。あらゆる病気にも効果があります.身体の内部から水素が浸透していき、悪いものを見つけるとやっつける!と言う、とてもありがたい飲み物です。毎日飲み続ければ腎臓病だけではなく他の病気も気がつかない内に治ってしまうと言う事もあるかも知れませんね。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水素水が腎臓病を予防するって本当?

水素水が腎臓病を予防するって本当?

腎臓病は不治の病と言われたほど恐ろしい病気です。この腎臓病の治療の研究に現在、水素水が使われています。どのような期待が持たれているのでしょうか?
ぽよん | 1,243 view
可愛いペットにも水素水?!

可愛いペットにも水素水?!

水素水は人の体にとって活性酸素を除去してくれる、安心安全な水として知られています。 健康の為に水素水を取り入れている人もいるでしょうが、あなたが飼っているペットも健康に長生きしてほしいとは思いませんか?
sei666jail | 350 view
腎臓病には気をつけたいものです。水素水で予防してください。

腎臓病には気をつけたいものです。水素水で予防してください。

肝臓病は顔色が青白くなり、体がだるくなったりいろいろな症状が出てくるようです。そこからいろいろな病気に進行する事も考えられます。水素水で予防しておきましょう。
kowkoku | 898 view
水素水は腎臓病の治療や予防にも効果があるんです!

水素水は腎臓病の治療や予防にも効果があるんです!

色々な病気の予防に水素水が役立っていますが、腎臓病の予防にも効果があるのです。今回は腎臓病の原因を知るとともに以下に水素水を活用するかを考えてゆきましょう。
-USHIO- | 3,959 view
便秘やおなら対策には食事療法と水素水が有効です

便秘やおなら対策には食事療法と水素水が有効です

おならは生きていく上で必要不可欠な生理現象の一つです。 おならが出なければ、体内のガスが溜まって、体が爆発してしまいます。 でも、臭いおなら、連続して出るおならには、特に人前では恥ずかしいものがあり、悩まされるもの。 決まった用法・用量で水素水を飲用すれば、おならの改善に役立ちます。 おならに悩まされている方は是非、ご一読ください。
日暮学 | 937 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

suisui suisui